Menu
(0)

Search

【ネタバレ】MCUマルチバース、「ワンダヴィジョン」エリザベス・オルセンは『ドクター・ストレンジ』続編で「全体像が見えてきた」

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

この記事には、ドラマ「ワンダヴィジョン」の極めて重大なネタバレが含まれています。まだ本編をご覧になっていない方は、必ずご視聴後にお楽しみください。
なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

ワンダヴィジョン
© 2020 Marvel

様々な可能性を秘めた「マルチバース」は、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品において『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)や「ワンダヴィジョン」で示唆されたが、結局の所いずれもフェイクであった。実現すれば、旧20世紀フォックスによる別シリーズ『X-MEN』との夢の共演も可能になるわけで、ファンは期待感を募らせていたものだ。

もっとも、これを信じて楽しみにしていたのはファンだけではない。「ワンダヴィジョン」では『X-MEN』シリーズでクイックシルバー/ピエトロ・マキシモフ役を演じたエヴァン・ピーターズが登場したが、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ役で主演のエリザベス・オルセンも始めは騙されていたようだ。「エヴァンが(ピエトロ役を)やるんだと聞いたときは、それは驚きましたよ。”ついに(『X-MEN』ユニバースとの)統合ってことだ!やばい!”って」と、米Varietyのインタビューで答えている。

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

エヴァン・ピーターズ版ピエトロの登場によって、ファンの間では、MCUと『X-MEN』ユニバースとのコラボレーションというお祭り的なサプライズへの期待が急騰した。ところが最終話では、劇中のピエトロはアグネス/アガサ・ハークネスによって操作されたフェイクの存在で、本名はラルフ・ボーナーというウエストビューの住人だったことが明らかになる。監督を務めたマット・シャクマンは別のインタビューでこの展開の意図を説明。お祭り的な演出よりも、あくまでも作品としての登場人物の描き込みを優先したかったようなのだ。

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

Vatietyのインタビュワーは、脚本家ジャック・シェイファーに「ファンの間ではイアン・マッケラン(マグニートー/エリック・レーンシャー役)やパトリック・スチュワート(プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア)が登場するという期待もあったが」と、オルセンに「マイケル・ファスベンダー(マグニートー/エリック・レーンシャー役)が自分の父親として登場するんだけど、実際には父親ではなかった、という案はどう思うか」と『X-MEN』ユニバースに絡めた質問を繰り出すが、暖簾に腕押し。「率直に言うと、皆さんがその部分に夢中になるとは思っていなかった」(シェイファー)、「ファンの方の唱える説というものがあまり分かっていなくて、進めながら知っていくという感じだった」(オルセン)と、彼女たちは具体的な回答を避けている。

本当のマルチバースが描かれるのは、来たる映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』ということでひとまず間違いなさそうだ。「今作(「ワンダヴィジョン)の撮影を始めたころ、マルチバースってどういうことなのか分かっていなかった。だから、何が起こっているのかもイマイチ分かっていなくて。ピエトロが出てきたのは、上手いなと思ってたんですけど」と話すオルセン。「『マルチバース』の仕事が始まってから、ようやく全体像が見えてきましたね。『ドクター・ストレンジ』の続編ってやつです!」と伝えているのである。

別のインタビューでは、シャクマン監督も「X-MENが出てこなくて、マルチバースが登場しなくてガッカリしているマーベル・ファンの方に僕が言えるのは、“それももうすぐあるから”ってことです。だって『マルチバース・オブ・マッドネス』ってタイトルの映画もあるし」と、同作にゆだねている。

オルセンもマルチバースの全体像を掴んだという『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』。マルチバースを期待するファンにとっては“三度目の正直”ということになりそうだ。2022年3月25日米公開予定。

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly