『ウォッチメン』ドラマ版、主演俳優は『バットマン vs スーパーマン』アルフレッド役のジェレミー・アイアンズに決定

DCコミックスによる傑作コミック『ウォッチメン』を米国でドラマ化する企画のパイロット版に、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『アサシン クリード』(2017)などの名優ジェレミー・アイアンズが主演することが分かった。役名などの詳細は現時点で明らかになっていない。2018年6月26日(米国時間)、米Deadline誌など複数のメディアが報じている。

ジェレミー・アイアンズ

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19716698631/ Remixed by THE RIVER

アラン・ムーア原作、デイヴ・ギボンズ作画による『ウォッチメン』(小学館集英社プロダクション刊)は、現在もなお世界中に熱狂的なファンを持つ不朽の名作。スーパーヒーローたちが実在するパラレルワールドを舞台とした物語で、2009年には『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『300 〈スリーハンドレッド〉』(2007)のザック・スナイダー監督によって映画化されている。

米HBO局にて『ウォッチメン』がドラマ化されることは2017年9月に報じられた。ショーランナー(製作統括)として脚本に参加するのは、ドラマ『LOST』(2004-2010)や『LEFTOVERS/残された世界』(2014-2017)を手がけたデイモン・リンデロフ氏だ。同氏はドラマ版について、コミックそのままの映像化ではなく「リミックス」を目指すこと、また現代を舞台にコミックでは描かれていない新たなキャラクターを登場させることなどを明かしていた

パイロット版のキャスティングには、このたび報じられたジェレミー・アイアンズの他、主役級のキャラクターとして、ドラマ『LEFTOVERS/残された世界』のレジーナ・キングが起用された。
そのほか『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)のドン・ジョンソン、『インクレディブル・ハルク』(2008)や『シンクロナイズドモンスター』(2017)のティム・ブレイク・ネルソン、1960年代からのキャリアを誇るルイス・ゴセット・Jr.、『サイレントヒル: リベレーション3D』(2012)のアデレイド・クレメンス、『なりすましアサシン』(2016)のアンドリュー・ハワードらが出演する。ただし、いずれも役柄の詳細はいまだベールに包まれている……。

ドラマ版『ウォッチメン』の米国放送時期は2018年6月時点で不明。続報を楽しみに待とう。

Source: Deadline
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

About the author

日々筋トレに励んでいます

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。