Menu
(0)

Search

「ホワット・イフ…?」、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』キャラは登場せず ─ プロデューサーが理由を説明

ホワット・イフ…?
(C)2021 Marvel

Disney+にて現在配信されているマーベル・スタジオによるはじめてのアニメシリーズ「ホワット・イフ…?」では、“もしもあの時、マーベル・ヒーローたちに別の運命が待っていたとしたら?”の物語が描かれる。誰が登場しても不思議ではない世界観の作品だが、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』シリーズのキャラクターは対象外だったようだ。

『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』は、20世紀フォックスにより製作・配給されていた作品。そのため、マーベル・スタジオによるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品への合流は困難とされていたが、20世紀フォックスがディズニー/マーベル・スタジオにより買収されたことを受け、それが可能になっている。X-MENとアベンジャーズが共闘する姿も見られるようになったわけだが、「ホワット・イフ…?」で実現しなかったのには理由があったようだ。

Colliderの取材に応じたプロデューサーのブラッド・ウィンダーバウムは、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』のキャラクターを登場させなかった理由について、「MCUにしっかりと関係しているキャラクターであるべきだったんです」と説明している。マーベル・スタジオ側から制限が設けられたわけでも、権利問題が発生したわけでもないとした上で、「私たちが伝えたいと思った未来の物語とは関係してこなかったんです。『ホワット・イフ』とは既存の物語に一石を投じることで、インフィニティ・サーガに重きを置いていたんです」と続けている。

『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』の権利は、マーベル・スタジオにすでに移っているものの、現時点では、いずれの作品も同社からは製作されていない状況だ。もっとも、『ファンタスティック・フォー』および、『X-MEN』ユニバースからは『デッドプール』第3作が、MCU作品として製作されることがすでに発表されている。つまり、「ホワット・イフ…?」では実現しなかったが、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』のキャラクターと、現在のMCUのキャラクターがスクリーン上で交わる日もそう遠くはないということだ。

Source:Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly