Menu
(0)

Search

「マーベル・スペシャル・プレゼンテーション」って何?MCUに入るの?ジェームズ・ガン監督が答える

D23 EXPO 2022 - The Ultimate Disney Fan Event presented by VISA - brings together all the worlds of Disney under one roof for three packed days of presentations, pavilions, experiences, concerts, sneak peeks, shopping, and more. The event, which takes place September 9, 10, and 11 at the Anaheim Convention Center, provides fans with unprecedented access to Disney films, series, games, theme parks, collectibles, and celebrities. (The Walt Disney Company) Laura Donnelly, Michael Giacchino, Gael Garcia Bernal, Kevin Feige (President, Marvel Studio)

マーベル・スタジオ・スペシャル・プレゼンテーション」って何だ?

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のハロウィンドラマウェアウルフ・バイ・ナイト(原題:Marvel Studios’ Special Presentation: Werewolf By Night)」の一風変わった予告編映像が公開されたが、この映像の冒頭に登場する「A MARVEL STUDIOS SPECIAL PRESENTATION」という見慣れないロゴを不思議に思った方も多いだろう。

MCU作品といえば、あの雄大なファンファーレとともに、過去作の映像を散りばめながら登場する「MARVEL STUDIOS」のタイトルロゴがお馴染みだ。この「スペシャル・プレゼンテーション」は、これまでのシリーズとは何かを区別するような意図が感じられる。

一体、「ウェアウルフ・バイ・ナイト」はなぜタイトルロゴを一新したのだろうか?これは、同作がMCUに組み込まれないということを意味するのだろうか?

ジェームズ・ガン監督がTwitterで明かしたところによると、彼が準備中のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル』も、この「スペシャル・プレゼンテーション」扱いの作品なのだという。その区別についてガン監督は、「スペシャルってことです。シリーズとか映画じゃなくて」と説明。そして「MCUの中に含まれます」とのこと。昔で言うところの「テレビスペシャル」のようなものと考えるのが良さそうだ。

ここで悩ましいのは、今や「MCU」の意味するところが拡大されている点だ。とりわけ、「ウェアウルフ・バイ・ナイト」がマルチバースのうちのどのバースのお話かはわからない。同作の予告編は往年の恐怖映画にオマージュを捧げたような、シリーズとは明らかに異なる世界観。マーベル・スタジオは「スペシャル・プレゼンテーション」の名の下に、これまでにない新たな作品を打ち出したい構えのようだ。

「ウェアウルフ・バイ・ナイト(原題:Marvel Studios’ Special Presentation: Werewolf By Night)」は2022年10月7日(金)にディズニープラスにて独占配信。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル』は、2022年12月に米ディズニーブラスにて配信予定。

Source:@JamesGunn

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly