Menu
(0)

Search

『ザリガニの鳴くところ』11月公開決定&予告編が到着 ─ 本屋大賞翻訳小説部門1位、待望の実写映画化

ザリガニの鳴くところ

ディーリア・オーエンズによるミステリー小説、『ザリガニの鳴くところ』が映画化された。この度、邦題を原作同名の『ザリガニの鳴くところ』として、2022年11月18日(金)より日本公開されることが決定した。あわせて、予告編と場面写真も到着している。

小説『ザリガニの鳴くところ』では、不思議な題名からは想像もつかない、ひとつの殺人事件をめぐる息詰まるミステリーと、両親に見捨てられながらもノースカロライナ州の湿地帯でたったひとり、自然に抱かれて逞しく生きる少女の物語が描かれる。全米の心を掴み、2019年&2020年の2年連続で米国で最も売れた本に。さらに日本でも2021年に本屋大賞翻訳小説部門第1位に輝き、全世界では累計1500万部を超える 驚異的な数字を打ち出した。

ノースカロライナ州の湿地帯で、将来有望な金持ちの青年の変死体が発見された。容疑をかけられたのは、“ザリガニが鳴く”と言われる湿地帯でたったひとり育った、無垢な少女カイア。彼女は6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも通わず、花、草木、魚、鳥など湿地の自然から生きる術を学び、ひとりで生き抜いてきた。そんな彼女の世界に迷い込んだ、心優しきひとりの青年。彼との出会いをきっかけに、すべての歯車が狂い始める……。

法廷で少しずつ語られていく、カイアが辿ってきた想像を絶する半生。浮かび上がる殺人の動機と、一向に見つからない決定的証拠。事件の真相に辿り着いたとき、タイトル『ザリガニの鳴くところ』に込められた本当の意味を知ることになる。

ザリガニの鳴くところ

原作に惚れ込んだ俳優のリース・ウィザースプーンが、自身の製作会社ハロー・サンシャインを通して映像化権を取得し、自ら製作を担当。主人公のカイアとしてキャスティングされたのは、「ふつうの人々」(2020)にてゴールデン・グローブ賞テレビ部門(ミニシリーズ・テレビ映画部門)主演女優賞に候補入りし注目を浴びた、新星デイジ ー・エドガー=ジョーンズだ。

さらに本作は、世界的シンガーソングライターのテイラー・スウィフトが、原作を愛するあまり、自ら懇願して楽曲を書き下ろしたことでも話題だ。「この魅惑的な物語に合う、幻想的で優美な、心に長く残 る曲を作りたいと思いました」とコメントしたスウィフトのオリジナル・ソング「キャロライナ」は、このたび公開された予告映像の中でも一部聴くことが出来る。

映画『ザリガニの鳴くところ』は、2022年11月18日(金)より全国の映画館で公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly