Menu
(0)

Search

「ロキ」TVAのマスコット、ミス・ミニッツとは ─ 印象的なビジュアルと声、監督「今後の出番も楽しんで」

ロキ
(C) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキの第1話『大いなる目的』には、魅力的な新キャラクターが次々に登場した。メビウス、ラヴォーナ・レンスレイヤー、ハンターB-15のほか、視聴者に大きなインパクトを与えたのがTVAのマスコット・キャラクターであるミス・ミニッツだ。

コミックでは80年代以来の歴史を持つTVAの顔、“神聖時系列”の管理を代表するキャラクターとあって、ミス・ミニッツは時計の形をしている。本作ではテーマパークのアトラクションよろしく、法廷に立たされる犯罪者たちに、TVAやタイムラインのありようを丁寧に教えてくれるのだ。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で示されたルールが、ミス・ミニッツによって再び明確化されることになる。

印象的なミス・ミニッツの声を担当しているのは、声優として「パワーパフガールズ」のバブルス役、DCアニメ「ティーン・タイタンズ」のレイブン役を演じたタラ・ストロング。ゲーム『メタルギアソリッド』シリーズなど多数のアニメ・ゲームなどに出演し、『もののけ姫』(1997)『千と千尋の神隠し』(2001)の英語吹替版にも参加したベテランだ(ちなみに「ロキ」吹替版では松浦裕美子がミス・ミニッツ役を担当)。

監督を務めるケイト・ヘロンは、もともとミス・ミニッツを、『ジュラシック・パーク』シリーズのミスター・DNAのごとく、TVAを紹介するキャラクターとして考えていたという。ただし彼女は今後、いわゆる“説明役”以上の役割を与えられることになりそうだ。米Screen Rantにて、ヘロン監督はこう述べている。

「TVAとは何なのか、この世界はどうなっていて、どんなルールがあるのか。(ミス・ミニッツには)その説明をしてもらうだけでも面白いと思っていました。けれど物語を組み立てていくにつれ、もっと登場させたいと思うようになりました。すごく楽しいキャラクターですから。」

ミス・ミニッツのデザインに役立てられたのは、フィリックス・ザ・キャットをはじめとするカートゥーンのキャラクター。その影響は、ミス・ミニッツによる“TVAと時系列の解説アニメーション”にもうかがうことができる。監督は「彼女を深めていくのはすごく楽しかったし、みなさんにも喜んでもらえればうれしいです。今後の出番も楽しんでください」とコメントした。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。

Source: Screen Rant

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly