Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』の邦題を米メディアが絶賛「爽やかでわかりやすい」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

洋画ファンにとって、作品の「邦題」は気を揉む話題だ。本国と日本の文化や国民性が異なる以上、日本独自の邦題が必要とされるのは自然なこと。ところが、場合によってはファンの不評を買う邦題が採用されるケースも無いわけではない。

一方で、日本オリジナルのタイトルが、むしろ本国で評判を呼ぶケースもある。『ワイスピ』の略称でも親しまれるワイルド・スピードがひとつの好例だ。原題では、シリーズ第1作『The Fast and the Furious』(2001)を基本形にして様々な変化を見せてきたが、邦題では『ワイルド・スピード ◯◯◯◯』のスタイルを貫いている。

The Hollywood Reporter「『Fast & Furious』映画の日本版タイトルはかなり素晴らしい」と絶賛する記事を掲載。「爽やかで、わかりやすく、アーケードのレースゲームのようなタイトル」と評し、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)については「ゲームセンターでプレイしているところが簡単に思い浮かぶじゃないか」と楽しそう。

中でも褒められているのは、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムのコンビによるスピンオフ『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)だ。「ザ・ロックとジェイソン・ステイサムは、たしかにスーパーコンボって感じだし」。原題は『Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw』だった。

実は『The Fast and the Furious』の原題は、本国のファンの間でも「分かりづらい」と不評を買うことがある。今回のThe Hollywood Reporterの記事でも、「正直、『The Fast and the Furious』は酷いタイトルだ。海外の映画のタイトルを直訳したみたいに聞こえる」と辛辣である。それでは、『ワイスピ』シリーズにおける原題と邦題を見比べてみよう。

  • 『The Fast and the Furious』:『ワイルド・スピード』 (2001)
  • 『2 Fast 2 Furious』:『ワイルド・スピードX2』(2003)
  • 『The Fast and the Furious: Tokyo Drift』:『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』 (2006)
  • 『Fast & Furious』:『ワイルド・スピード MAX』(2009)
  • 『Fast Five』: 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)
  • 『Fast & Furious 6』:『ワイルド・スピード EURO MISSION』 (2013)
  • 『Furious 7』:『ワイルド・スピード SKY MISSION』 (2015)
  • 『The Fate of the Furious』:『ワイルド・スピード ICE BREAK』 (2017)
  • 『Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw』:『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 (2019)
  • 『F9』:『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 (2021)

たしかに原題では、1作目『The Fast and the Furious』と4作目『Fast & Furious』の区別がつきにくかったり、『Fast Five』から『Fast & Furious 6』『Furious 7』への法則性が判然としなかったりする。

一方の邦題は、映画の雰囲気をよく表すような工夫がなされている。2021年8月6日に日本公開となる最新作の邦題は『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。この派手なタイトルが目と耳に馴染むと、原題の『F9』はたしかにチョッピリ寂しいような気も……?

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ド派手なアクションが炸裂するであろう『ジェットブレイク』予告編映像では既にクルマが空を飛ぶところも映し出されているが、一体どれくらいジェットでブレイクな内容になっているのだろう?邦題も評判の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2021年8月6日に日本公開。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly