Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィル「ウィッチャー」シーズン3、2023年夏に配信決定 ─ 前日譚「血の起源」は2022年12月配信へ

ウィッチャー
Netflixシリーズ「ウィッチャー」シーズン1・2 独占配信

ヘンリー・カヴィル主演、Netflixシリーズウィッチャー」シーズン3が2023年夏に配信開始となることがわかった。また、前日譚となるスピンオフ作品「ウィッチャー 血の起源」も2022年12月25日より配信開始となる。Netflixグローバルファンイベント 「TUDUM」にて発表された。

今回のイベントでは、「ウィッチャー」シーズン3よりイェネファー役のアーニャ・シャロトラ、シリ役のフレイヤ・アーランが登場するメイキング映像が、「ウィッチャー 血の起源」より出演者たちのコメント&メイキング映像が公開されている。

「ウィッチャー」シーズン3

「ウィッチャー」はアンドレイ・サプコフスキの同名小説に基づく、怪物や魔術の壮大なファンタジー・ドラマシリーズ。怪物退治を請け負うウィッチャーの“白狼”ことゲラルト(演:ヘンリー・カヴィル)は、凄腕のハンターでありながら世間から蔑まれ、暴力と陰謀が渦巻く世の中を、愛馬のローチとともに旅している。数奇な運命に導かれながら、ゲラルトはイェネファー(演:アーニャ・シャロトラ)、シリ(演:フレイヤ・アーラン)というふたりの女性に出会い……。

2019年12月配信のシーズン1は、当時の最多視聴世帯数を記録。2021年12月配信のシーズン2では、大陸の制覇をめぐる争いが熾烈を極めるなか、偉大な力を宿すシリを守るため、ゲラルトが壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれた。

待望のシーズン3では、大陸の君主たちや魔法使い、そして魔物たちがシリを捕らえようとする中、ゲラルトはシリとともに身を隠し、再会した新たな家族を守ることを決意する。かたや、シリに魔術を指導するよう依頼されたイェネファーは、彼女に秘められた未知の力を探るべく、2人をアレツザの魔法学校へ連れて行くが、そこにあったのは政治の腐敗、闇の魔術、そして裏切りが渦巻く戦場だった。

新キャストには「THE FLASH/フラッシュ」のロビー・アメル、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)のメンガー・チャン、『「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)のヒュー・スキナーらが加わる。

Netflixシリーズ「ウィッチャー」シーズン3は2023年夏より独占配信

「ウィッチャー 血の起源」

「ウィッチャー 血の起源」は、メインシリーズの「ウィッチャー」からさかのぼること1200年、ウィッチャーの誕生を描く前日譚。エルフたちの世界を舞台に、今は失われてしまった知られざる物語が明かされる。すべてを奪い去った不滅の力を前に、立ち上がった7人のはみ出し者たち。彼らのルーツをたどる冒険は、やがてモンスター、人間、エルフの世界がひとつになる“天体の合”を導く争いと、ウィッチャーの誕生に繋がっていく。

本作は全6話構成のリミテッドシリーズで、「ウィッチャー」シリーズを手がけてきたローレン・シュミット・ヒスリックが製作総指揮を担当。出演者は『ガンパウダー・ミルクシェイク』(2021)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のミシェル・ヨー、『Giri / Haji』(2019)のソフィア・ブラウンのほか、ローレンス・オファラン、ミレン・マック、レニー・ヘンリー、ジェイコブ・コリンズほか。『シンデレラ』(2021)『オペラ座の怪人』(2004)のミニー・ドライヴァーも役柄不明ながら登場することが発表されている。

ウィッチャー 血の起源
Netflixシリーズ「ウィッチャー 血の起源」2022年12月25日より独占配信
ウィッチャー 血の起源
Netflixシリーズ「ウィッチャー 血の起源」2022年12月25日より独占配信

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly