Menu
(0)

Search

マーベル新ドラマ「ワンダーマン」が企画中、『シャン・チー』監督が参加 ─ コミックではアベンジャーズの古参メンバー

マーベル・スタジオによる新たなドラマ「ワンダーマン(原題)」が進行中であることがわかった。米The Hollywood Reporterによると、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)の監督、デスティン・ダニエル・クレットンが企画に参加しているという。

本作の主人公となるワンダーマンことサイモン・ウィリアムズは、1964年に刊行された『Avengers #9』にて初登場したヒーロー。亡き父から引き継いだ会社が経営難に陥ったサイモンは、実の兄にそそのかされるがままに会社の金を横領した結果、逮捕されてしまう。そこにバロン・ジモが現れ、イオンエネルギーを注入され、超人的な身体能力や飛行能力を手に入れた。もともとサイモンはヴィランとしてアベンジャーズと戦うことになるが、のちにヒーローとしてアベンジャーズのメンバー入りを正式に果たす。チームの中でも古参にあたる人物だ。コミックではヴィジョンの人格モデルとしてもおなじみである。

このたびのドラマ作品は企画開発の初期段階にあると伝えられている一方で、もしも上手くいけば、2023年には撮影が開始されるかもしれないとのことだ。

脚本を担当するのはアンドリュー・ゲスト。「ブルックリン・ナイン-ナイン」(2013−2021)などの脚本や、「ホークアイ」(2021)ではコンサルティング・プロデューサーとして参加していた人物である。米Varietyによると、デスティン・ダニエル・クレットンはエグゼクティブ・プロデューサーとして就任しており、監督を務める可能性もあるという。

なおクレットンは、2021年12月、『シャン・チー』の続編が決定した際に、Onyx Collectiveとマーベル・スタジオと複数年の包括契約を締結しことも明らかにされていた。『シャン・チー』続編のほか、Disney+のMCUドラマシリーズの製作にも関与していくことになり、すでに企画の開発段階にあると伝えられていたが、「ワンダーマン」がその企画と思われる。また既報では、コメディ作品になると明記されていたが、現時点ではどんな作風になるのかは定かでない。

あわせて読みたい

Source: Variety , The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly