Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメ、『チャーリーとチョコレート工場』前日譚映画で主演 ─ ウィリー・ウォンカの若き日を演じる、ダンスと歌も初披露へ

Timothee Chalamet ティモシー・シャラメ
A Photo by Somewhere In Toronto https://www.flickr.com/photos/terras/30755014688/

ロアルド・ダールによる『チョコレート工場の秘密』(評論社)を原作にした、ウィリー・ウォンカの若き日の姿を描く前日譚映画『Wonka(原題)』の主演に、『君の名前で僕を呼んで』(2017)などのティモシー・シャラメがキャスティングされたことがわかった。米Deadlineが報じている。

本企画は2018年2月に初報が伝えられ、2018年6月にライアン・ゴズリング、ドナルド・グローバー、エズラ・ミラーが主演候補であることが報じられていた。主演候補に挙げられていた俳優陣は実現には至らず、2020年1月にはシャラメのほか、『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランドが主演候補として挙げられていたが、このたびシャラメが正式に起用されたというわけである。

報道によると本作は、ウィリー・ウォンカによるチョコレート工場が開かれる前の時代の話を描く作品だという。ウィリー・ウォンカの若き日の姿を演じるシャラメは、ミュージカルナンバーに乗せて、ダンスと歌を本作にて初披露するとのことだ。

そんな注目作の監督を務めるのは、『パディントン』シリーズのポール・キング。『パディントン2』(2017)にて、ミュージカルシーンを見事に演出していた監督だけあって、本作にとってこれ以上ない人材と言えそうだ。脚本は、「サタデー・ナイト・ライブ」(1975-)のサイモン・リッチ。プロデューサーには、『ハリー・ポッター』『パディントン』シリーズのデヴィッド・ハイマンが就任している。なお、本作はあくまでも原作に沿った作品で、ジョニー・デップ主演、『チャーリーとチョコレート工場』(2005)とは関連性はない。

ちなみに、『チョコレート工場の秘密』は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティによってアニメシリーズ化されることも発表されている。こちらの進捗も気になるところだ。

映画『Wonka(原題)』は、2023年3月17日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly