Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメ、『チャーリーとチョコレート工場』前日譚映画で主演 ─ ウィリー・ウォンカの若き日を演じる、ダンスと歌も初披露へ

Timothee Chalamet ティモシー・シャラメ
A Photo by Somewhere In Toronto https://www.flickr.com/photos/terras/30755014688/

ロアルド・ダールによる『チョコレート工場の秘密』(評論社)を原作にした、ウィリー・ウォンカの若き日の姿を描く前日譚映画『Wonka(原題)』の主演に、『君の名前で僕を呼んで』(2017)などのティモシー・シャラメがキャスティングされたことがわかった。米Deadlineが報じている。

本企画は2018年2月に初報が伝えられ、2018年6月にライアン・ゴズリング、ドナルド・グローバー、エズラ・ミラーが主演候補であることが報じられていた。主演候補に挙げられていた俳優陣は実現には至らず、2020年1月にはシャラメのほか、『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランドが主演候補として挙げられていたが、このたびシャラメが正式に起用されたというわけである。

報道によると本作は、ウィリー・ウォンカによるチョコレート工場が開かれる前の時代の話を描く作品だという。ウィリー・ウォンカの若き日の姿を演じるシャラメは、ミュージカルナンバーに乗せて、ダンスと歌を本作にて初披露するとのことだ。

そんな注目作の監督を務めるのは、『パディントン』シリーズのポール・キング。『パディントン2』(2017)にて、ミュージカルシーンを見事に演出していた監督だけあって、本作にとってこれ以上ない人材と言えそうだ。脚本は、「サタデー・ナイト・ライブ」(1975-)のサイモン・リッチ。プロデューサーには、『ハリー・ポッター』『パディントン』シリーズのデヴィッド・ハイマンが就任している。なお、本作はあくまでも原作に沿った作品で、ジョニー・デップ主演、『チャーリーとチョコレート工場』(2005)とは関連性はない。

ちなみに、『チョコレート工場の秘密』は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティによってアニメシリーズ化されることも発表されている。こちらの進捗も気になるところだ。

映画『Wonka(原題)』は、2023年3月17日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly