快進撃!『ワンダーウーマン』米国収入が『デッドプール』を上回る ― 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』超えも確実

DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)作品『ワンダーウーマン』の快進撃が、いよいよおなじみのヒーローたちまで迫っている。アメリカ国内での興行成績が『デッドプール』(2016)の記録を上回り、いよいよ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にまで迫ろうとしているのだ。

『ワンダーウーマン』は2017年6月末の時点で、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を抜いて米国内ではDCEU最大のヒット作となっていた。最強の女性ヒーローによる快進撃はいつまで続くのだろうか……?

『ワンダーウーマン』ついに米国でDCエクステンデッド・ユニバース史上最高のヒット作に!『バットマン vs スーパーマン』破る

Boxoffice Mojoの調べによると、2017年7月9日(現地時間)の時点で『ワンダーウーマン』の興行収入は米国で3億6,800万ドルを突破している。『デッドプール』は約3億6,300万ドルだったため、すでに500万ドルの差をつけながら走り続けている状況だ。
R指定作品にして3億6,300万ドルもの興行収入を記録した『デッドプール』にも改めて驚かされるが、オープニング記録で1億ドルを下回るとすら予想されていた『ワンダーウーマン』の大ヒットは完全に予想外だろう。

[2017年7月11日13:50追記]
『デッドプール』米国公式Twitterは、『ワンダーウーマン』のヒットに祝福のメッセージを贈っている。かたや20世紀フォックス社、かたやワーナー・ブラザース、配給会社という「壁」をデッドプールは超えてしまったのだ……。

なお『ワンダーウーマン』の勢いは、2017年5月に登場したマーベル・シネマティック・ユニバース作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にも迫っている
7月9日の時点で『リミックス』は米国公開9週目、興行収入は約3億8,500万ドルである。これに対して『ワンダーウーマン』は公開5週目、しかも成績の勢いは『リミックス』5週目当時よりも良い……というわけで、すでに『リミックス』超えは確実、4億ドルの大台も十分射程に入っている状況なのだ。

ちなみに『リミックス』の記録を突破すると、『ワンダーウーマン』は2017年で『美女と野獣』に次いで米国で2番目ヒットした作品ということになる(2017年7月11日現在)。その後ろを『スパイダーマン:ホームカミング』が追いかけ始めているが、“親愛なる隣人”はどんな戦いぶりを見せるのだろうか?

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日全国ロードショー
もはや日本では、最後に登場する“真打ち”のような風格すら漂わせ始めているような……。

 

Sources: http://www.cbr.com/wonder-woman-passes-deadpools-domestic-total-at-box-office/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=wonderwoman.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=deadpool2016.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=weekly&id=marvel17a.htm
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/dp/B072M856GW/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。