【特集】デイリー・ビューグル ─ マーベル世界最大のメディア、歴史と変遷を追う

「アメコミに登場するメディアを特集したら、面白いのではないか。」

アメコミの世界には、マーベルのデイリー・ビューグル、DCコミックのデイリー・プラネットをはじめとした新聞やメディアが象徴的に登場する。これらは、物語の中でスーパーヒーローらを時に支持し、時に糾弾する。スーパーヒーローのパブリック・イメージ形成にメディアが欠かせないことを示唆するように、主要なスーパーヒーロー自身がメディア関係者であることも少なくない。ピーター・パーカー(スパイダーマン)はデイリー・ビューグル紙でカメラマンを務め、クラーク・ケント(スーパーマン)はデイリー・プラネット紙で記者を、カーラ・ダンバース(スーパーガール)はキャットコー・メディアに勤務する。

アメコミ世界に登場するメディアは、“空想の世界の中で、真実を伝えようと真剣に働く、空想の存在”という、存在それ自体に矛盾を抱えたような面白さがある。筆者はいつだって、空想の中にこそ真の面白さや誠実さが隠されていると考えている。空想がなければ、オリオン座も天の川も意味をなさないし、ライト兄弟は空を飛ぼうと思わなかっただろう。世の中はいつだって空想が必要だ。空想の中で真実を伝えるデイリー・ビューグルやデイリー・プラネットは、そんな本質の象徴であるように思う。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)で、クラーク・ケントは「新聞が世論をつくる」と訴えた。報道やメディアに関連するすべての人々を勇気づける場面だ。そんな「空想のメディア」に敬意を評し、様々な空想上のメディアを特集してみようと本稿の執筆に取り掛かったが、思わず熱くなってしまい、最初のデイリー・ビューグル一社でそれなりの文字数に膨れ上がってしまった。デイリー・プラネットなど他のメディアのご紹介はまたの機会に改めるとし、今回は映画『スパイダーマン』シリーズでもよく知られる、デイリー・ビューグルの特集をお届けしよう。

デイリー・ビューグル

Marvel

Marvel

デイリー・ビューグルは、マーベル・コミックの世界に登場するニューヨークのタブロイド紙だ。コミックに初登場したのは1962年、”Fantastic Four #2″まで遡る。”ニューヨーク・デイリー・ニュース”と”ニューヨーク・ポスト”の実在の二紙がモデルになっているという。設立は1898年とされ、それ以来毎日ニューヨークの日常と事件を市民に伝え続けている。

J・ジョナ・ジェイムソンの半生

後に編集長、さらに同社オーナーとなるJ・ジョナ・ジェイムソンは、高校時代に写真クラブに在籍した後、デイリー・ビューグルに採用。初代ヒューマン・トーチ(ジム・ハモンド)やネイモアを偶然目撃すると、すぐにスーパーパワーを持つ人物が法外に存在するという事実に疑問と危機を抱く。映画『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』(2016)や『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016、DC映画)でも描かれていた「スーパーヒーローの危険性」に、早くから気づいていたのである。

アメリカが第二次世界大戦に参戦すると、ジェイムソンはヨーロッパ特派員として従事。ニック・フューリー率いる「ハウイング・コマンド」の一員として活躍した。戦後、韓国への出張取材で不在にしている間、強盗に遭い妻ジョアンを殺害される。

ジェイムソンとジョアンは、高校時代、写真クラブで出会い、卒業後すぐに結婚した。学校の体育会系の生徒3人にいじめられたジェイムソンは毅然と立ち向かい、3人を叩きのめした。その男らしさに、ジョアンは惚れたのだった。

妻を失った悲しみを克服すべく、ジェイムソンは仕事に打ち込んだ。その努力は、やがて自身を編集長の地位まで叩き上げた。「俺は将来、自分の新聞を持つんだ。」ジェイムソンは入社当初、同僚らにこう吹聴していたという。この夢は、彼自身の弛まぬ努力によって叶えられた。しかし、その頑固なまでのストイックさは、敵を生むこともあった。スーパーヒーローの存在に懐疑的だったジェイムソンは、スパイダーマンを徹底的に糾弾する姿勢を取り、「親愛なる隣人」を、悪趣味なスパンデックスを穿いた危険な狂人として追い込んだのである。

ごめん、スパイディ

デイリー・ビューグルは、スパイダーマンのネガティブ・キャンペーンに躍起だった。『スパイダーマン3』(2007)では、スパイダーマンが強盗を働く現場をとらえた写真を報じたが、ピーター・パーカーによって捏造であることを見破られる。同社はこの写真を納品したエディ・ブロックを追放処分としたことを実名・顔写真付きで報じると共に、同社の歴史上初となる謝罪記事を掲載した。

最も、デイリー・ビューグル社の繁栄にはスパイダーマンことピーター・パーカーの存在が欠かせなかった。スーパーヒーローが空を舞い、悪党にパンチを見舞う写真が市民に求められることを知っていたジェイムソンは、ピーター・パーカーにスパイダーマンの写真を撮るよう求めた。生活費を稼ぎたいピーターにとっては、自分自身の写真を撮影して、何食わぬ顔で持ち込めばよかった。両者の利害は一致していたものの、報酬の条件交渉は、叩き上げのビジネスマンでもあるジェイムソンにかなう筈もなく、若輩者のピーターは苦労した。

2006〜2007年に発生した『シビル・ウォー:フロントライン』で、スパイダーマンはマスコミのカメラの前でそのマスクを初めて脱いだ。「僕がスパイダーマンだ。」カメラの前でそう言い放った男は、なんとピーター・パーカーだった。ジェイムソンは、これまで忌み嫌ってきた俗称「親愛なる隣人」が、彼にとって本当に「隣人」…どころか、彼が毎月給与を支払っていたスタッフの1人であったことに驚愕した。

「持ちつ持たれつ」 ──デイリー・ビューグルというメディア、ピーター・パーカーというエース・カメラマン、そしてスパイダーマンという名の特大ネタの間には、緩やかな相互依存的関係があった。そして、いつしかジェイムソンとピーターの間には、親子にも似た奇妙な絆が芽生えていた。それだけに、自分がスパイダーマンであることを長年隠し続けていたピーターには、これまで支払ってきた報酬の返還を求めて訴訟も検討したほどに憤慨した。しかし、ピーターにも自身のプライベート ─つまりスパイダーマンというスーパーヒーローであるという秘密── を守る権利はあると気づいたのだった。

経営権の譲渡と方針改悪、人材流出

人々がスーパーヒーロー関連の報道を渇望したからといって、デイリー・ビューグル社は今日まで順風満帆の経営を行ったわけではない。一時は発行部数の低迷にあえぐと、”The Pulse”というコーナーを新設。これは、ジェイムソンの威圧にも負けず、街のスーパーヒーローを支持する記事の必要性を訴え続けた同社ロビー・ロバートソンの意向をジェイムズが渋々受け入れたものだった。さらに、”Now Magazine”というグラビア雑誌も刊行している。

ジェイムソンの持病の心臓発作が深刻化すると、再婚した妻は同社をライバルのデクスター・ベネットに売却。デクスター・ベネットとデイリー・ビューグルのイニシャルを掛け、”The DB!”に改名して再出発する。しかしベネットはスキャンダル記事を求め、The DB!は読者の評判を落とした。記者らもベネットによる新しい方針を支持できなかった。ピーター・パーカーやロビー・ロバートソンもその例外ではなく、ついに同社を離れてフロント・ライン紙に在籍を移す。

ニューヨークには、デイリー・ビューグル(The DB!)以外にもいくつかの新聞社があった。かつて”オルタネイティヴ”という名の新聞で記者を務めたサリー・フロイドと、デイリー・ビューグル紙を去ったベン・ユーリッチという2人が、真に独立したメディアを作りたいという志を共にして生まれたのが、フロント・ラインだった。『シビル・ウォー』時に”Frontlines.com”のドメインの気鋭のWebメディアとして誕生していた。ある時、匿名の人物によってオルタネイティヴが買収され、ベン・ユーリッチに譲渡される。ベンは編集長の座に就き、フロント・ラインとして正式に社名を改め、サリーは主力レポーターとしてニューヨークの街を駆けた。ちなみに、オルタネイティヴを買収した匿名の人物とは、J.ジョナ.ジェイムソンだったということである。

ジェイムソンは、不況のデイリー・ビューグル再建に挑んでいる。まず、デイリー・ビューグル社の株の一部をベネットから買い戻した。そして、フロントラインに移籍していたロバートソンに資金提供を行い、同じく苦境にあったフロントラインを新たなデイリー・ビューグルとして生まれ変わらせるよう託したのであった。この時、ジェイムソンはニューヨーク市長となっていた。

 

デイリー・ビューグルは、今日もマーベル世界の人々に、ニューヨークの日常とスーパーヒーローの真相を伝えている。人々が日々何気なく読む記事の一文字一文字は、ジェイムソン、そして記者らの努力と信念によって綴られているのだ。さて、今朝のデイリー・ビューグル紙で一面を飾ったニュースは何だろう?

Source:https://en.wikipedia.org/wiki/Daily_Bugle http://marvel.wikia.com/wiki/Daily_Bugle_(Front_Line)_(Earth-616)#cite_note-Amazing_Spider-Man_Vol_1_648-2 http://marvel.wikia.com/wiki/Sally_Floyd_(Earth-616) http://marvel.wikia.com/wiki/Benjamin_Urich_(Earth-616) http://marvel.wikia.com/wiki/Alternative_(Earth-616) http://marvel.wikia.com/wiki/Dexter_Bennett_(Earth-616) https://en.wikipedia.org/wiki/J._Jonah_Jameson#Fictional_character_biography

About the author

新年は飛躍の一年にしたい。毎年言ってます。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。