Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』日本公開の延期が決定 ─ 米国での公開延期を受けて

ワンダーウーマン 1984
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

ワーナー・ブラザース映画が、2020年6月12日(金)に公開予定だった『ワンダーウーマン 1984』の日本公開を延期することを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止および観客の健康を第一に考え、また、アメリカ本国の公開延期に伴っての延期だ。なお、新たな公開予定日は、決定次第『ワンダーウーマン1984』公式サイトおよびDC公式Twitterにて発表されるという。

『ワンダーウーマン 1984』については、米国公開日が2020年6月5日から8月14日に延期されていた。アメリカでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、大手スタジオが映画の公開を見送る、進行中の企画を一時中断するなどの対応を講じており、北米では5,000以上の映画館が休業状態となっている。

米国公開の延期を受けて、主演のガル・ガドットは「この暗く恐ろしい状況で、明るい未来があることを期待しています。その時、映画の力を再び一緒に分かち合えるのです。みなさんの安全を願います。愛を込めて」とコメントしていた。脚本・監督のパティ・ジェンキンスは「我々は大スクリーンのために『ワンダーウーマン 1984』を製作しました。私は映画の力を信じています」と記している

『ワンダーウーマン 1984』には、主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パイン、アンティオペ役のロビン・ライト、女王ヒッポリタ役のコニー・ニールセンが前作から続投。新キャストとして、『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグが悪役チーターを演じるほか、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演する。共同脚本は元DCコミックスの重鎮ジェフ・ジョンズ、マーベル映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』のデイヴ・キャラハムが務める。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly