Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』12月公開、ワーナーは米情勢を注視 ─ 「映画館の営業続くか、また感染が広がらないか」

ワンダーウーマン 1984
© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

DC映画ワンダーウーマン 1984の劇場公開にあたって、米ワーナー・ブラザースはいまだ重大な決断を控えている。新型コロナウイルスの影響によって、2020年12月25日(金)の日米同時公開が実現可能かどうかという局面にあるのだ。

ワーナー・ブラザースの会長兼CEOであるアン・サーノフ氏は、米Varietyにて「『ワンダーウーマン 1984』はクリスマスに公開されます。希望はあります」とコメント。幾度となく公開延期を重ねてきたが、年内の公開に期待を示しながら、一方で国内の状況を憂慮していることも明らかにした。

アメリカで(映画館の)営業をどれほど続けられるのか、また感染が広がらないかどうか、それが大きな問題です。その判断に少し時間がかかっているのです。(『ワンダーウーマン 1984』は)国内がより大切になります。クリストファー・ノーラン(『TENET テネット』)の場合とは別で、国内での需要がより高まるでしょう。海外と比較して、五分五分くらいでしょうか。ですから、『ワンダーウーマン』についてはアメリカ国内の総需要を重視しなければいけません。」

ここでサーノフ氏が示唆しているのは、ワーナーが米国内の情勢や需要をいまだ注視していることだ。しかし10月23日には、アメリカ国内の1日の新規感染者数が8万3,000人を超えて過去最多となっている。同じく10月23日には、映画業界の核とされるニューヨーク州でも映画館の営業がようやく再開されたが、今後どのように情勢が変化するのかはまったくの未知数。決して予断を許す状況ではないだろう。

もともと『ワンダーウーマン 1984』は2019年12月13日に米国公開予定だったが、同年11月1日への繰り上げが発表されたのち、2020年6月5日へと大幅な繰り下げが決定。その後、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月14日、10月2日、そして12月25日と延期が続いていた。当初の計画からは、すでに1年以上の延期となっている。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly