Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン』第3作の撮影は2023年中旬にスタートか ─ ガル・ガドットが語る

『ワンダーウーマン 1984』
© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

DCコミックスの人気コミックを映画化したワンダーウーマンシリーズ第3作の製作について、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス役で続投するガル・ガドットが、その見通しを語っている。

2017年に1作目が、2020年に2作目が公開され、3作目の製作意向は、『ワンダーウーマン 1984』(2020)が公開された数日後にも明らかにされていた。2021年10月には、前2作でメガホンを取ったパティ・ジェンキンス監督自らが「第3作が楽しみでなりません」とコメントし、あらためて続編が進行中であることを認めていた。

しかし、その後にジェンキンスが監督を務める『スター・ウォーズ』新作映画『スター・ウォーズ:ローグ・スコードロン(原題:Star Wars: Rogue Squadron)』の製作が遅延。その理由は2022年の監督のスケジュールが埋まっているからだと報道されたが、2週間もしないうちに、「創造性の相違」によるトラブルが原因だと伝えられた。

その時点でジェンキンスは、『ワンダーウーマン』第3作と『ローグ・スコードロン』の他に、ガル・ガドットを再起用して古代エジプト女王を描く『クレオパトラ(原題:Cleopatra)』も抱えていたが、2021年12月に『クレオパトラ』の監督から降板することを発表。プロデューサーとして残留すると報じられたものの、何本も企画を抱えて多忙を極めるジェンキンスのこと、そのスケジュールを考慮すると、『ワンダーウーマン』第3作の着手は遥か先になるのでは……と懸念されてもおかしくない状況となっていた。

そんななか米InStyleのインタビューで、『ワンダーウーマン』第3作の進捗状況を質問されたガドットが最新情報を提供。現在、脚本の執筆が進行中で、「おそらく撮影は1年半ほどで開始されます」と答えている。その取材の時点から1年半後というと、撮影開始は2023年中旬頃となる。

現時点ではジェンキンスが監督・脚本を務め、ガドットがワンダーウーマン役で続投する以外の詳細は明かされていない。だが、脚本に着手して企画が進んでいることが確認され、『ローグ・スコードロン』製作の遅延、『クレオパトラ』の監督からジェンキンスが降板した事実を踏まえると、『ワンダーウーマン』第3作がジェンキンスの最優先事項になっていると考えてもよさそうだ。

Source:InStyle

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly