Menu
(0)

Search

「X-MEN」新作アニメ、コミコンでファーストルック初披露へ ─ マーベル・スタジオ、アニメ部門の出展を発表

マーベル・スタジオが製作する『X-MEN』の新作アニメシリーズ「X-MEN ’97(原題)」のファーストルックが、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン(SDCC)」にて初披露となることがわかった。

サンディエゴ・コミコンの公式サイトによると、マーベル・スタジオは2022年7月22日(金・現地時間)にアニメーション作品のプレゼンテーションを開催。アニメーション部門統括のブラッド・ウィンダーバウム、ビジュアル開発統括のライアン・マイナーディング、さらにゲストが登壇すると発表されている。

このプレゼンテーションでは「X-MEN ’97」のほか、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作アニメ「マーベル・ゾンビーズ(原題)」、そしてホワット・イフ…?シーズン2のファーストルックが独占公開される予定。マーベル・スタジオはイベントとリアルタイムか、あるいは少し遅れて、現地で公開された映像などをオンラインでも公開することが多いため、世界中のファンが注目しておく価値はあるだろう。

「X-MEN ’97」はテレビアニメ「X-メン」(1992-1997)の続編で、オリジナル・シリーズの終了時点から物語が再開される予定。エピソードは完全新作となり、脚本・製作総指揮は「ウィッチャー」(2019-)のボウ・デマヨが担当。ディズニープラスにて2023年の配信予定と告知されている。

また「マーベル・ゾンビーズ」は、新世代のヒーローたちが拡大するゾンビ禍と戦う物語。監督は「ホワット・イフ…?」のブライアン・アンドリュース、脚本は「シー・ハルク:ザ・アトーニー」のゼブ・ウェルズが務める。なお、「ホワット・イフ…?」の第5話『もしも…ゾンビが出たら?』との関連性は不明だ。

サンディエゴ・コミコンのリアルイベントが開催されるのは、コロナ禍前の2019年以来3年ぶり。マーベル・スタジオは最大会場の「ホールH」にて大型プレゼンテーションを開催することも決定しており、こちらでは映画やドラマシリーズ、アニメ作品を含むMCU全体の今後の計画が一挙発表されるのではないかと予測されている。

あわせて読みたい

Source: SDCC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly