【噂の続報】『X-MEN』リブート?次回作はジーン・グレイ&サイクロップスの悲恋を描く「ダークフェニックス・サーガ」か

先日、20世紀フォックス社が映画『X-MEN』シリーズのリブートを計画しているというニュースが報じられた。あくまで噂にすぎない情報だが、シリーズ(ユニバース)はリブートもやむなしと思われる状況に直面しており、正式な発表が待たれるところだ。

そんな中、LRM Online『X-MEN』次回作についての噂を独占入手している。情報源いわく、次回作は1980年にコミックで連載された「ダーク・フェニックス・サーガ」が基になるというのだ。リブートの噂が真実なら、次回作は「リブート後第一作」となるわけだが……。まさに噂が噂を呼んでいる状況である。

【噂】『X-MEN』ついにリブート!シリーズが直面する「3つの転機」とは?一方で『デッドプール3』が始動

ダークフェニックス・サーガとは

コミックの「ダーク・フェニックス・サーガ」は、当時の業界でトップを走っていたライターのクリス・クレアモントとアーティストのジョン・バーンがタッグを組み、『X-MEN』#129-138で展開されたストーリーだ。スコット・サマーズ/サイクロップスと、その恋人ジーン・グレイの悲恋が描かれる。

「ダークフェニックス」とは、強大な力を覚醒させたジーン・グレイの“別人格”フェニックスが、その力を制御できずに暴走してしまった状態のこと。全宇宙を危険にさらすほどの存在となってしまうが、最後にジーンは正気を取り戻して自ら命を絶つ(のちにジーンとフェニックスはそもそも別人だったことが判明するが、経緯が複雑なので割愛)。

映画『X-MEN』は本当にリブートされるのか

ジーン・グレイは映画にも幾度となく登場しており、1~3作目と『ウルヴァリン: SAMURAI』『X-MEN: フューチャー&パスト』ではファムケ・ヤンセン、『X-MEN: アポカリプス』ではドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のソフィー・ターナーが演じている。もっともフェニックスとして登場するのは3作目『X-MEN: ファイナル・ディシジョン』と『アポカリプス』だけで、しかもストーリーに深く関与することはなかった。

もしも本当に「ダーク・フェニックス・サーガ」が映画化される場合、グレイ役にはソフィー・ターナーが続投する可能性が高いだろう。“前日譚三部作”でメインキャストを務めたジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスは『アポカリプス』で出演契約が終了したといわれており、次世代の俳優が主役を務めるという采配は現実性が高い

https://www.youtube.com/watch?v=Jer8XjMrUB4

https://www.youtube.com/watch?v=Jer8XjMrUB4 © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. MARVEL TM & © 2016 MARVEL & Subs.

もっともターナーが続投する場合、それは正統な『X-MEN』のリブートではない。その場合、むしろ世界観を延長して、どんどん物語の裾野を広げていくスタイルになるはずだ。それはそれで“ユニバース”の名前にふさわしい展開だろう。

Source: http://lrmonline.com/news/lrm-hot-rumor-x-men-reboot-to-finally-let-the-dark-phoenix-fly
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=Jer8XjMrUB4
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. MARVEL TM & © 2016 MARVEL & Subs.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。