Menu
(0)

Search

『X-MEN』ミスティーク役レベッカ・ローミン、MCU参戦の可能性に言及 ─ 「復帰に前向きでいたい」

Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rebecca_Romijn_(48441709976).jpg

旧20世紀FOXが製作した『X-MEN』シリーズでのミスティーク役を演じたレベッカ・ローミンが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に同役でカムバックする可能性について語っている。

ローミンは、『X-メン』(2000)『X-MEN 2』(2003)『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)にミスティーク役で出演し、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)ではクレジットなしのカメオとして登場した。なお新シリーズではジェニファー・ローレンスが同役を演じている。

MCUの最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』に、かつてローミンが『X-MEN』シリーズで共演したプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア役のパトリック・スチュワートが出演することが明らかになったことで、他のキャストも姿を見せるのではないかと憶測が飛び交っている。そんななか、米Comicbook.comのインタビューで、『マルチバース・オブ・マッドネス』に再びブルーの全身メイクで登場する可能性があるのか質問されたローミンが答えている。

「彼ら(スタジオ)が私の復帰を望んでいるのかどうか分かりません。あのキャラクターを演じたのは、かなり何年も前のことですから。ですが、ぜひやりたいですね。参加できて素晴らしいシリーズでしたし、死ぬまであのキャストたちが大好きです。一緒に楽しい時間を過ごしました。そうですね、絶対カムバックに前向きでいたいです。

『マルチバース・オブ・マッドネス』ではプロフェッサーXの他に、旧20世紀FOXが製作した『ファンタスティック・フォー』シリーズのキャラクター、リード・リチャーズもフィーチャーされるのではないかと予想されている。『ドクター・ストレンジ』の続編にローミンは出演しないようだが、将来的に他のMCU作品で再びミスティークを演じる可能性はあるかもしれない。

なおローミンは、「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン2で演じたナンバーワン役で、待機中の新スピンオフドラマ「Star Trek: Strange New Worlds(原題)」に続投することが決定しており、ここ近年はドラマ界での活躍が目立っている。

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly