Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー、DC映画『ワンダーウーマン2』にプロデューサーとして続投へ

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

マン・オブ・スティール』(2013)や『バットマン vs スーパーマン』(2016)などを手がけ、DC映画ユニバースの礎を築いた映画監督ザック・スナイダーが、映画ワンダーウーマン2(仮題)』にプロデューサーとして続投していることがわかった。

ザック・スナイダー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/

これは、ザック監督が愛用するSNS「VERO」にて本人が明かしたもの。あるファンから「今でも『ワンダーウーマン2』のプロデューサーなんですか?」と問われると、「はい、そうですよ(Oh, yes)」と応じたのである。
2017年に公開された前作『ワンダーウーマン』は、DC映画としてかつてないスマッシュヒットを記録。女性主人公のヒーロー映画、女性監督の作品として歴史に残る興行収入を示してみせた。この作品でザックはプロデューサーを務めたほか、脚本作業にも携わったという。

しかしながら、ザックが『ワンダーウーマン2』に実際どれほど貢献しているのかはわからない。なぜなら『ジャスティス・リーグ』(2017)を製作中に降板してから(ザック自身の意志によるものかは判然としない)、ザックは同作の完成版を観てすらいない可能性を示唆しているのである。2018年6月1日現在、ザックが今後のDC映画で監督を務める予定もない。
『ワンダーウーマン2』で製作の主導権を握っているのはプロデューサーも兼任しているパティ・ジェンキンス監督であり、ザックは企画初期に携わったのちクレジットのみ残っているという可能性も否定できないだろう。

ちなみにザックの監督としての次回作は、アイン・ランド著『水源』(ビジネス社刊)を映画化する『The Fountainhead(原題)』。「創作のプロセスや、なにかを生み出すとはどういうことかが描かれている」という物語をザックが現在のビジョンでどう切り取るか、今から楽しみな一作だ。

映画『ワンダーウーマン2(仮題)』は2019年11月1日に米国公開予定
ワンダーウーマン役にはもちろんガル・ガドットが続投するほか、ヴィランのチーター役で『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ、重要な役柄で『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演する。

Source: ComicBook.com
WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly