Menu
(0)

Search

『007』故ショーン・コネリー愛用のアストンマーティン、オークション出品へ ─ 推定落札価格は2億円超

Broad Arrows Auction
https://www.instagram.com/p/Cdv4GAqpKZH/

007』シリーズ初代ジェームズ・ボンド俳優として知られ、2020年に90歳で他界したショーン・コネリーが愛車として所有していたアストンマーティン DB5(Aston Martin DB5)が、オークションに出品されることが分かった。主催団体の米Broad Arrow Auctionsが発表している。

アストンマーティンといえば、『007』映画シリーズと長きに渡るパートナー関係を築いてきたカーブランド。なかでもアストンマーティン DB5は、『007』シリーズで初めて導入されたアストンマーティンの車種として知られ、1964年公開『007 ゴールドフィンガー』で初登場を果たした。その後、『007 サンダーボール作戦』(1965)でも再びボンドがハンドルを握り、直近作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)にもフィーチャーされたことで話題となった。

このたびコネリーの遺族の協力の下で出品されたアストンマーティン DB5は、『ゴールドフィンガー』と同じく1964年式のもの。撮影に使用されたわけではなく、コネリーがプライベートで所有していたものだという。推定落札価格は140〜180万ドル、日本円にして1.8〜2.3億円(1ドル=128円換算)と早くも超高値予想だ。

オークションの開催日時は、米時間2022年8月18日。米カリフォルニア州のMonterey Jet Centerにて開催されるという。なお、オークションの落札額は、生前のコネリーが主催していた慈善団体Sean Connery Philanthropy Fundに全額寄付される。詳細は公式サイト(英語)でご確認いただきたい。

ちなみに、コネリー版『007』シリーズの撮影で使用されていたアストンマーティン DB5のうち1台は、1980年代に何者かによって盗まれていたことが判明している。2021年には同車が中東諸国で転々としていることが盗品専門家によって特定されているが、発見には至っていない。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly