Menu
(0)

Search

【夕刊】ベン・メンデルソーン連続殺人鬼追う/リブート版『バイオハザード』公開時期判明か/シャマラン監督のドラマがシーズン3突入 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2020年12月16日のトピックはこちら!

ベン・メンデルソーン、連続殺人鬼追うスリラーで主演の警官役

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や『レディ・プレイヤーワン』(2018)のベン・メンデルソーンが、スリラー映画『Misanthrope(原題)』に出演する。連続殺人鬼を追う物語で、優秀だが問題を起こす警官役に『ダイバージェント』シリーズのシェイリーン・ウッドリー。メンデルソーンは、主人公の警官を演じる。監督は『人生スイッチ』(2014)のダミアン・ジフロン。

Source:Deadline

クリント・イーストウッド特集

バイオハザード』映画リブート版の公開時期が判明か

人気ゲーム原作の『バイオハザード』のリブート版映画は、ドイツでは2021年9月9日に公開となるようだ。これまで2021年公開予定とのみ伝えられていたから、夏〜秋ごろの公開が目安となることがわかった。『バイオハザード』の世界観に重きを置き、1998年の運命の夜、ラクーンシティを舞台に物語を展開。既に主だったキャストも発表されている。監督・脚本を務めるのは『海底47m』(2017)のヨハネス・ロバーツ。『バイオハザード』はこの実写映画企画のほかに、Netflixによる実写ドラマアニメシリーズも準備中だ。

Source:Cibstantin Film

M・ナイト・シャマラン監督・製作総指揮のスリラードラマ「サーヴァント」シーズン3製作決定

『シックス・センス』(1999)『ミスター・ガラス』(2019)などのM・ナイト・シャマランが監督・製作総指揮を務めるApple TV+配信のスリラードラマ「サーヴァント ターナー家の子守」(2019-)がシーズン3へ突入する。2021年1月のシーズン2配信開始に先がけて、シーズン3の製作が正式に決定した。シャマラン監督はTwitterで「常にこの作品を支えてきてくれた良きパートナーです」と、Appleへの感謝を綴っている。ホラー小説界の巨匠スティーブン・キングも「夢中になっている」と絶賛する本シリーズの新章に注目だ。

Source:Variety

『ホワイト・ボイス』監督、約4mの黒人男性を描く

『ホワイト・ボイス』(2018)ブーツ・ライリー監督・脚本、ドラマシリーズ「I’m a Virgo(原題)」が、Amazonにて製作中であることが明らかになった。主演を務める、『ムーンライト』(2016)「ボクらを見る目」(2019-)のジャハール・ジェロームは本作で、オークランド出身の身長13フィート(約4m)の黒人男性を演じるという。物語の詳細は明かされていないが、報道によると「不条理な、スリルのある成長物語」と伝えられている。

Source:The Wrap

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly