Menu
(0)

Search

【夕刊】アンソニー・ホロヴィッツ『007』新作、詳細が判明/イーサン・ホーク『The Black Phone』米公開が延期/『新感染』ハリウッド版、米公開日が決定

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2021年12月17日のトピックはこちら!

アンソニー・ホロヴィッツ『007』新作、タイトル&あらすじが判明

『007 逆襲のトリガー』(2015)『Forever and a Day』(2018)に続くアンソニー・ホロヴィッツの『007』小説シリーズのタイトルが、『With A Mind To Kill』に決定した。あわせて2022年5月26日に米出版となることも判明した。何者かによって殺されたMの殺人容疑に007がかけられてしまうというあらすじだ。

Source: Express

イーサン・ホーク主演『The Black Phone』米公開が4ヶ月延期

スコット・デリクソン監督、イーサン・ホーク主演の新作『The Black Phone(原題)』の米公開が2022年2月4日から6月24日に延期となった。原作はスティーヴン・キングの息子、ジョー・ヒルの名短編「黒電話」で、製作はブラムハウス・プロダクションズ。閉じ込められた地下室で、死者からの電話がかかってくるというサイコ・スリラー。

Source: Variety

『新感染』ハリウッド版『Last Train to New York』の米公開日が決定

世界中が熱狂の渦に包まれた韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)が、ハリウッドでリメイクされる。『Last Train to New York(原題)』というタイトルで進行中で、このたび米国公開が2023年4月21日に決定した。『KILLERS キラーズ』(2014)『ヘッド・ショット』(2016)などのティモ・ジャヤントが監督、『アナベル』シリーズなどのゲイリー・ダウバーマンが脚本を務める。プロデューサーにはジェームズ・ワンら。

Source: Deadline

ミニオンズ フィーバー』オットーが三輪車で爆走する新映像

コロナ禍で公開が丸2年延期され、今も公開が待たれている『ミニオンズ フィーバー』より新規ティザー映像が公開。新登場のミニオン、オットーが三輪車で爆走する映像だ。一体どこに向かっているのだろう。ほか、道場にいるボブの愉快な姿も見られる。2022年7月1日米公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly