マーベル社長、『アベンジャーズ4』の制作状況を報告 ― 「編集の初期段階、いつもよりずっと進んでいる」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を経て、2019年5月に米国公開される映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の制作が本格的に再開されている。2018年6月15日(米国時間)に脚本家・監督チームが再集結したことが判明している本作の進捗状況について、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が語った。

『アベンジャーズ』第4作、ルッソ監督が鋭意編集中

Birth.Movies.Death.がケヴィン社長にインタビューしたところによると、現在『アベンジャーズ』第4作は、アンソニー&ジョー・ルッソ監督が編集にあたっているさなかだという。


「編集作業を始めたところです。(ルッソ)兄弟が自分たちの編集版(ディレクターズ・カット)の作業をしているので、今のところ数週間、編集室で一緒にいます。だから非常に初期段階ですね。でも、いつもに比べるとずっと進んでいますよ。普段ならまだ撮影をしている時期ですから。『キャプテン・マーベル』が(2019年)3月に公開されて、こちらは5月ですが、もうこっちは(仕上げ作業を)始めている。先を行ってること、映画の大部分を撮り終えていることは良いことですね。」

たしかに、劇場公開まで約10ヶ月というスケジュールから逆算すると、『アベンジャーズ』第4作は非常に順調なペースで制作が進められている。ケヴィン社長が言及した『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』は2019年3月8日に米国公開予定だが、2018年7月6日(米国時間)に本撮影が終わったところ。これから編集作業や再撮影・追加撮影が控えていることを考えれば、こちらのほうがはるかにタイトなスケジュールといえそうだ。

 

『アベンジャーズ』第4作は、現在ルッソ監督が作業にあたっているディレクターズ・カット版の編集を経て、2018年夏に再撮影・追加撮影が実施される予定。それから再編集が加えられ、さらにスタジオの意向を踏まえながら、作品は劇場公開される完成版へと近づいていくのだろう。ちなみにケヴィン社長は、作品の仕上げ作業に与えられた時間について、こんなことを語ってもいる。

「『アントマン&ワスプ』は(仕上げの時間が)すごく短かったんですが、そこで大きく前進しました。限られた時間で非常に良い作業ができたんです。『アベンジャーズ4』には十分な時間があります。『マイティ・ソー バトルロイヤル』もそうだったので、そこで多くの作業をしました。いつも与えられた時間を目一杯使っています。たっぷり時間があれば(作品について)じっくり考える意欲が湧きますし、逆にぜんぜん時間がなくても、じっくり考える気が起きてくるんですよ!

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。ちなみに全世界のファンが注目するタイトルの発表時期は「(2018年の)年末にかけて」ということだ

Source: BMD
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。