『アベンジャーズ4』ホークアイ役ジェレミー・レナーが再撮影を終了

マーベル・シネマティック・ユニバースの人気キャラクター、クリント・バートン/ホークアイ役のジェレミー・レナーが、ついに『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の再撮影・追加撮影を終了したようだ。ジェレミーはInstagramにて撮影の最終日を報告している。

View this post on Instagram

On set preparing for last day! #hawkeye #stretching #marvel #backATit #🏹 #missingmyA6

Jeremy Rennerさん(@renner4real)がシェアした投稿 –

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

 

2018年9月28日(米国時間)朝、ジェレミーは「撮影現場で最終日の準備中」とのキャプションを添えて、移動中の写真を投稿している。9月7日(米国時間)に『アベンジャーズ』第4作の撮影現場に再合流したとみられるジェレミーは、約3週間におよぶ再撮影・追加撮影をついに終えたというわけだ。ソー役のクリス・ヘムズワースが数時間~一日ほどしか再撮影に参加しなかったことを考えると、(ジェレミーが実際に何日間撮影したかは定かでないが)比較的大きな再撮影が行われたと考えられる。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーション、および本編にジェレミー・レナー/ホークアイはまったく姿を見せなかった。劇中では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の結末においてラフト刑務所から脱獄したことを受けて司法取引をしたことが明らかになっていたが、サノスの地球襲来、全宇宙の生命が半減するという悲劇の中、ホークアイがどこにいるのかはわかっていない。

これまで関係者たちは、ホークアイの動向について意味深な証言を繰り返してきた。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『インフィニティ・ウォー』でホークアイが不在だったことについて「(ホークアイにとって)史上最も良いことのひとつ」だと述べ、アンソニー&ジョー・ルッソ監督は「すべてが物語に深く関係している」「彼にはちょっと長めのストーリーを用意しました」と語っているのだ。ちなみにホークアイについては、新たな武器や小道具が製作されていることも判明している

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。おそらく今度こそ、ジェレミーはプロモーションの場にも少なからず登場してくれることだろう。

Source: Jeremy Renner

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。