Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』アクロス・ザ・スターズ、新アレンジで蘇る

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
©Twentieth Century Fox Film 写真:ゼータイメージ

映画スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)の劇伴「アクロス・ザ・スターズ(原題:Across the Stars)」が、新たなアレンジで蘇ることがわかった。

アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの禁断の恋を美しく奏でた「アクロス・ザ・スターズ」は、「『クローンの攻撃』愛のテーマ」とも呼ばれる。ジョン・ウィリアムズが作曲を手がけた。

この度の再アレンジは、グラミー賞受賞歴が4度にも及ぶドイツのヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターによるジョン・ウィリアムズの名曲の”再解釈”アルバムに収録されるもので、2019年の発売を予定している。同アルバムには、他に『シンドラーのリスト』(1993)や『SAYURI』(2005)、『ミュンヘン』(2005)、『ハリー・ポッター』といったウィリアムズの映画名曲も収録される。アルバムタイトルはその名も「Across The Stars」で、日本国内での発売については不明。

なおアンネは、2019年9月14日に同アルバムの楽曲を引っさげた野外演奏会も予定。ドイツはミュンヘンのケーヒニス広場で行われる。

ジョン・ウィリアムズは『スター・ウォーズ/エピソード9』楽曲への参加意志も表明しており、同作をもって『スター・ウォーズ』での仕事を最後にすることを示唆している。2018年10月には急病のためコンサート出演をキャンセルしていたことがあったが、2日後には快復していたことも報じられていた。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly