Menu
(0)

Search

ベン・アフレック、バットマン再演を満喫 ─ 『ザ・フラッシュ』撮影、「エズラのことも大好き」

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

ベン・アフレックが、映画『ザ・フラッシュ(原題)』でのバットマンブルース・ウェイン役再演を楽しんでいるようだ。

ジャスティス・リーグ』(2017,2021)以来の再演で、マルチバースを扱う『ザ・フラッシュ』ではアフレックのほか、『バットマン リターンズ』(1992)ぶりに再演となるマイケル・キートンと同役での共演を果たすという異色作への登場。撮影は2021年4月より開始されている。

アフレックは米Varietyの取材で、同作の撮影について「楽しんでますよ!良い時間を過ごしています」と快活に答えている。「確か発言禁止令が出ていたと思うんですけど、いま破っちゃったかな。訴えられちゃう」と、作品の秘密主義ぶりに対するジョークも続けた。

「エズラ(・ミラー、フラッシュ役)のことも大好きだし、『アクアマン』(続編)を製作中のジェイソンにも会えた。お子さんにも会えました」と、共演相手との仲も語るアフレック。「(バットマン役に)戻る手段としてはとても素敵でした。前回は難しかったですからね」と話している。

アフレックにとってバットマン役は大きな意味を持つものだ。現在は別の監督と俳優で製作中の単独映画『ザ・バットマン』は、もともとアフレックが主演・脚本・監督を兼任する予定だったものの、2017年にアルコール依存症などを理由として、企画から離脱。また『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『ジャスティス・リーグ』はメディアからの不評や、ザック・スナイダー監督の途中降板があり、アフレックにとっては困難の多い道のりだった。

そのアフレックが心機一転、『ザ・フラッシュ』での再演を楽しんでいるというのは、ファンにとっても安心できる情報である。ジャスティス・リーグの盟友であるジェイソン・モモアとの交友が続いているというのも、微笑ましい話題だ。

『ザ・フラッシュ』の監督アンディ・ムスキエティは以前、アフレック演じるバットマンが「映画の感情面において重要な役割を担う」と話しており、バットマンとフラッシュは「僕たちが思っている以上に深い関係にある。二人とも母親を殺されているし、それが作品のエモーショナルな部分を転がしていくことになる」と説明している。米公開は2022年11月4日予定。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly