エージェント・カーター、マーベル映画にいよいよ再登場か?ファンの予測が過熱、女優ヘイリー・アトウェルのSNSに気になる動き

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のヒロインであるペギー・カーターが、マーベル・シネマティック・ユニバース作品に再登場する見込みが大きくなってきた。同役を演じてきた女優ヘイリー・アトウェルのInstagramで気になる動きが報告され、ファンの予測がますます過熱している。

ペギー・カーターといえばスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカに(直接的に、あるいは間接的に)関わってきたほか、ドラマ・シリーズ『エージェント・カーター』(2015-2016)が製作され、『アントマン』(2015)にも登場したキャラクターだ。高い人気を誇るキャラクターで、再登場やドラマの再会を求める声は少なくない。

そんな彼女に“再登場の噂”が囁かれるようになったのは2017年8月のこと。マーベル・スタジオ幹部であるルイス・デスポジート氏をアトウェルが訪問していたことが明らかになったのである。そして先日、彼女のInstagramに気になる写真が投稿されていた。

Don’t question my process. It’s very serious #setlifethuglife

Hayley Atwellさん(@wellhayley)がシェアした投稿 –

「作業については聞かないで」と記したアトウェルの顔には、モーション・キャプチャー用の黒いドットが描かれている。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の1942年から『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2017)の現代まで、あらゆるビジュアルで作品に登場してきた彼女ゆえ、再びCGによって見た目の年齢を変更しての出演は十分ありうるだろう。

マーベル・スタジオは現在、『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の撮影を進めている。したがって再登場するなら同作ではないかという予想が有力だが、別の作品にペギー・カーターが登場する可能性も否定できない状況だ。
たとえば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には1960年代のシーンがあることが判明しているほか、『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』にはヒロインの母親役でミシェル・ファイファーが出演する。前作『アントマン』よろしく、回想シーンにて年を重ねたカーターが顔を見せる展開も考えられるのである。

もちろん忘れてはならないのは、ペギー・カーターの再登場はまだ公式に確認されている情報ではなく、ファンの憶測にすぎないという点だ。しかしどことなく、その可能性が現実性を伴ったものになりつつあるような……。引き続き、今後の情報にも注目していきたい!

Source: http://screenrant.com/avengers-4-hayley-atwell-cameo-discussion/
Eyecatch Image: Hayley Atwell speaking at the 2015 San Diego Comic Con International, for “Entertainment Weekly: Women Who Kick Ass”, at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19549755360/ )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。