Menu
(0)

Search

スティーブン・スピルバーグの製作会社アンブリン、Netflixとパートナー契約を締結 ─ 年間複数本の長編映画を発表へ

スティーヴン・スピルバーグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36150879236/

映画監督スティーブン・スピルバーグの製作会社、アンブリン・パートナーズがNetflixとパートナーシップ契約を締結した。ストリーミングサービスの台頭、コロナ禍による業界の変化の中、ついに業界の巨頭が大きな動きに踏み切ったことになる。

米Netflixのプレスリリースによると、アンブリンとNetflixは一年間につき複数本の長編映画を発表する。アンブリンは映画部門のアンブリン・エンターテインメント、テレビ部門のアンブリン・テレビジョンからなるが、発表には「長編映画」とのみ記されており、テレビ作品に関する条件は不明。契約期間についても明かされていない。なお、アンブリンは米ユニバーサル・ピクチャーズともパートナーシップ契約を結んでいるため、両契約は共存することになる。

以前からスピルバーグは、Netflixをはじめとする配信サービスの映画作品に懐疑的な見方を示してきた。2018年3月には、Netflix作品がアカデミー賞にノミネートされることについて「テレビのフォーマットに作品を委ねたら、それはテレビ映画です。エミー賞には値しますが、オスカーにはふさわしくない」とコメント。あくまでも劇場体験を重視する姿勢も示していたため、自身の製作会社とNetflixとの契約は思わぬ展開だと言える。

しかしながら、スピルバーグは一概に配信作品を否定してきたわけではなく、プロデューサーとして配信サービスの映画・ドラマに関与してきた。アンブリンもNetflixとは『シカゴ7裁判』(2020)のほか、ブラッドリー・クーパー監督・主演映画『Maestro(原題)』、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)ダファー兄弟の新作ドラマシリーズ「Talisman(原題)」で協働する。『Maestro』「Talisman」にはスピルバーグ自身も参加する予定だ。

今回のパートナーシップ契約を受けて、Netflixはアンブリン作品への出資も行うとみられている。一方で気になるのは、今後、スピルバーグがNetflix作品の監督を務める可能性だ。米Varietyは「ありうる」としているが、実際のところは不明。現在、スピルバーグは自身の幼少期から着想を得た新作映画(タイトル未定)を準備中だが、この作品はユニバーサルが配給権を獲得する見込みだ。

契約締結にあたり、スピルバーグは「アンブリンでは、すべての中心にストーリーがあります。テッド(・サランドス/Netflix社CEO)とパートナーシップの話し合いを始めた時から、新たなストーリーをともに語り、新たな形で観客に届ける機会だということは十分にわかっていました」との声明を発表。ユニバーサルほかとのパートナー企業との関係性を継続する意志を明言しながら、Netflixとの新たな取り組みに期待を寄せた。

Sources: Netflix, Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly