Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』泥棒仲間カート、再登場しない可能性 ─ 「次の出番は分からない」と演じるデヴィッド・ダストマルチャン

アントマン&ワスプ
(C)Marvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気作『アントマン』シリーズで、主人公スコット・ラングの泥棒仲間として登場したカートは、第3作『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題:Ant-man And The Wasp: Quantumania)』には登場しないかもしれない。演じるデヴィッド・ダストマルチャンが、現時点で自身の出演を把握していないことを明かしている。

カートは、ポール・ラッド演じるスコットとマイケル・ペーニャ演じるルイスの泥棒仲間として、前2作『アントマン』(2015)『アントマン&ワスプ』(2018)で登場。第2作では、T.I.が演じるデイヴと共に、ルイスが営むセキュリティ会社に身を置いていた。今回のニュースに先がけ、2021年3月にはデイヴが『クアントゥマニア』に登場しない見込みであることが報じられていた

このたび米Comicbookの取材に応じたダストマルチャンは、カートの再登場について「残念ですが、『アントマン』では自分の次の出番がいつになるのかは正直分からないんです」と述べている。いわく、現在はアンドレ・ウーヴレダル監督の新作ホラー映画『The Last Voyage of the Demeter(原題)』に取り組んでいるという。

話しぶりから察するに、ダストマルチャンは『クアントゥマニア』に関与していないものと思われる。本作の撮影は、現地時間2021年7月26日より開始されているため、出演していれば現地への招集がかけられているはずだ。劇中では、デイヴと二人一組であったカート。ふたりのコミカルなやり取りが見られないと思うと寂しい気もする。なお、ルイス役のペーニャの続投についても正式な発表はなされていない。

第3作には、主演のポール・ラッドをはじめ、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファーら、オリジナル・キャストが揃って復帰。新キャストとしては、ジョナサン・メジャーズがヴィランのカーン役、『名探偵ピカチュウ』(2019)『ザ・スイッチ』(2020)のキャスリン・ニュートンがスコットの娘キャシーを演じる。

映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は、2023年2月17日に米公開予定。

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly