「エージェント・オブ・シールド」ついに5周年!プロデューサーがシーズン1の映像で祝福

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマ作品として最長の歴史を有する「エージェント・オブ・シールド」が、2018年9月24日(米国時間)にシリーズ開始5周年を迎えた。マーベル・テレビジョンのトランスメディア・プロデューサーであるジョフリー・コロ氏が、シーズン1の映像とともに記念すべき節目を祝福している。

エージェント・オブ・シールド

(C) 2016 MARVEL

『アイアンマン』(2008)からマーベル・シネマティック・ユニバースの黎明期を支えてきた、S.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソンを主人公とする「エージェント・オブ・シールド」は、『アベンジャーズ』(2012)でコールソンが映画作品から退場したのちに始動したシリーズだ。多くのファンから愛され、映画作品とのクロスオーバーが期待されながらも未だ実現していない。

2019年7月より米国で放送される「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は、2018年9月現在、全13話構成で製作が進行中。一時はシリーズ継続が不透明になったこともあったが、製作・放送を担当する米ABC局は、シーズン6を最終シーズンとしては計画していないという。なおシーズン6の第1話「Missing Pieces(原題)」は、シーズン5第6話「残酷なゲーム」につづいて、コールソン役のクラーク・グレッグが監督を担当している。

 

ところで「エージェント・オブ・シールド」シーズン6が米国で放送される頃、世界中のマーベルファンは、映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の全貌を知っていることになる。前述の通り映画作品とのクロスオーバーは実現していないが、いかに設定が重なり合うかには今から注目しておきたいところだ。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は2019年7月より米国放送予定

Source: Geoffrey Colo

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。