Menu
(0)

Search

アップル映像配信サービス「Apple TV+」注目ラインナップ総まとめ ─ スピルバーグ、シャマラン、J・J・エイブラムスら強力クリエイター集結

Apple TVurlencodedmlaplussign

Appleは本気である

2019年3月25日(現地時間)に米Appleが発表した定額制映像配信サービス「Apple TV+」には、ハリウッドを代表するそうそうたるクリエイターが顔を揃えた。Amazonプライム・ビデオやHulu、Netflixがストリーミングの世界でオリジナル作品を多数発表するなか、“後発組”として参入するAppleは、もはやひとつのスタジオをハリウッドに立ち上げるかのような存在感をもって現れたのだ。

スティーブン・スピルバーグやJ・J・エイブラムス、ロン・ハワード、M・ナイト・シャマラン、デイミアン・チャゼル、オクタヴィア・スペンサー、ヘイリー・スタインフェルドほか……。そうそうたる顔ぶれが創作について語ったトレーラー映像をまずはご覧いただきたい。

「Apple TV+」に登場する注目作ラインナップ

このたびはAppleは、Apple TV+のサービスを2019年秋に開始することを発表。作品ラインナップがあわせて告知されているので、既報とあわせて注目作をまとめて振り返っていきたい。

スティーブン・スピルバーグ、Appleに登場

Apple TV+の目玉となるのは、巨匠監督スティーブン・スピルバーグが自身のテレビシリーズ「世にも不思議なアメージング・ストーリー」(1985-1987)をリブートする「Amazing Stories(原題)」。SFやファンタジー、ホラーといった“ジャンル作品”のアンソロジーとなる。スピルバーグはエグゼクティブ・プロデューサーを務め、まずはファースト・シーズンの全10話が登場。2019年3月現在、「撮影はもうすぐ終了する見込み」とのことだ。

スティーブン・スピルバーグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35355058574/

『ROMA/ローマ』(2018)などNetflix映画のアカデミー賞ノミネートについて議論を巻き起こしてきたスピルバーグがAppleの映像配信サービスに登場するのはいささか意外にも思えるが、こちらはドラマシリーズ作品だ。そもそもスピルバーグは、Netflixのドキュメンタリーシリーズ「伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-」(2017)でも製作総指揮を務めており、テレビサイズの作品をストリーミングの世界で手がけることには早くから積極的だった。Apple TV+への参戦自体は、そもそもまったく不思議ではないのである。

ところで本作のライバルとなるのは、米CBS製作の「The Twilight Zone(原題)」だろう。名作ドラマ「トワイライト・ゾーン」(1959-1964)を『ゲット・アウト』(2017)のジョーダン・ピールが復活させる同作は、「Amazing Stories」と近いコンセプトをもつアンソロジー・シリーズだ。巨匠スピルバーグと新鋭ピールの“アンソロジー対決”、勝負の結果はいかに…?

注目のクリエイター、ぞくぞく登場

Apple TV+の大きな特徴は「ハリウッドのポップカルチャー、映画/テレビ界の最前線を狙い撃ちしているところ」だといってよさそうだ。登場するのは、いずれも高いネームバリューと作家性を両立させたクリエイターばかり。Netflixが質と量を派手に追求しているとすれば、こちらはややいぶし銀。見ごたえに期待できる“大人向けのラインナップ”が揃うことになる印象だ。

DC映画『アクアマン』でトップスターへの仲間入りを遂げたジェイソン・モモアは、ドラマ「See(原題)」に主演。映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(2013)を手がけ、「ピーキー・ブラインダーズ」(2013-)や「TABOO」(2017-)などドラマ界でも活躍するスティーヴン・ナイトが描くのは「人類が視覚を失った未来の物語」だ。共演者は『それでも夜は明ける』(2013)のアルフレ・ウッダードほか。2019年3月現在、撮影が進行中だという。

ジェイソン・モモア
ジェイソン・モモア Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/42867509995/

『ドリーム』(2017)『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)のオクタヴィア・スペンサーが主演する「Truth Be Told(原題)」は、実話を基にしたスリラードラマ。主人公の報道記者ポピー・パーネルは、数十年前の殺人事件に疑わしい評決が下されていることを知り、自身のポッドキャストで真相を暴こうと躍起になる。「ブレイキング・バッド」(2008-2013)のアーロン・ポールが連続殺人鬼役を演じる。撮影は2018年に終了済み。

『ミスター・ガラス』(2019)で自身の3部作を完結させた鬼才M・ナイト・シャマラン監督は、サイコ・スリラードラマ「Servant(原題)」のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、パイロット版でエピソード監督を担当。物語の詳細は不明だが、ドロシー&ショーン・ターナー夫婦が新生児のためにリーンという若い女性を雇うところから物語は始まるようだ。脚本兼ショーランナーには英国の脚本家トニー・バスギャロップが就任している。

M・ナイト・シャマラン Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28769151787/

『スター・ウォーズ』『ミッション:インポッシブル』『スター・トレック』など数々の作品を手がけてきたJ・J・エイブラムスは、ロマンティック・コメディドラマ「Little Voice(原題)」でプロデュースを担当。ミュージシャンになる夢を追ってニューヨークにやってきた20代の女性が、自分自身を発見し、生きる道を見つけていく物語だという。人気シンガーソングライター、サラ・バレリスが楽曲を提供するとのこと。




アメリカの詩人エミリー・ディキンソンを描いた青春コメディ「Dickinson(原題)」で主人公を演じるのは、『バンブルビー』や『スパイダーマン:スパイダーバース』のヘイリー・スタインフェルド。母親役は「アンブレイカブル・キミー・シュミット」(2015-2019)のジェーン・クラコウスキーが演じる。撮影は終了済み。

『バンブルビー』主人公チャーリー・ワトソン役ヘイリー・スタインフェルド
ヘイリー・スタインフェルド ©THE RIVER

リース・ウィザースプーンジェニファー・アニストンスティーヴ・カレルという顔合わせによるシチュエーション・コメディ「The Morning Show(原題)」は、ノンフィクション小説を原作に、毎朝のトーク番組でホストを務める人々を描くシリーズ。ウィザースプーンによれば「簡単な答えのない問いかけを提示する、スリリングなライド・アトラクション」とのこと。社会性の強いコメディ作品となるに違いない。

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(2017)で注目されたクメイル・ナンジアニ&エミリー・ゴードンが脚本を執筆するのは、アメリカの移民をテーマとするアンソロジーシリーズ「Little America(原題)」。ナンジアニは「移民たちの日常を描きたかった」と述べており、実話に基づいて人間の生活や喜怒哀楽が描かれるという。撮影は2019年3月現在も進行中。



そのほか、伝説的SF作家アイザック・アシモフの同名小説をドラマ化する「Foundation(原題)」や、『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズで知られるクリス・エヴァンスが主演・製作を兼任する法廷サスペンスドラマ「Defending Jacob(原題)」、鬼才テリー・ギリアムの代表作『バンデットQ』(1981)を『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティ監督がドラマ化する「Time Bandits(原題)」、『ラ・ラ・ランド』(2016)『ファースト・マン』(2018)のデイミアン・チャゼル監督によるドラマシリーズ『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソンが主演・製作を務めるCIAの実録ドラマ、名匠ロン・ハワード監督によるドキュメンタリーなど数多くの作品が控えている。

ちなみにApple TV+ではオリジナル映画の製作も予定されており、注目は『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)のソフィア・コッポラ監督とビル・マーレイが再びタッグを組む『On The Rocks(原題)』。製作は話題作を次々に発表する製作会社A24が担当する。

Appleによる定額制映像配信サービス「Apple TV+」は2019年秋にサービス開始(料金やサービス提供状況も秋に発表される)。なお、2019年にはディズニーによる新サービス「Disney+」も始動予定。ストリーミング戦国時代はさらに激化の一途をたどることになる…!

スピルバーグ vs Netflix問題

Sources: Deadline, Polygon, NY Times

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly