【DC】ついに来た!ARROW/スーパーガール/フラッシュ/レジェンド・オブ・トゥモローのクロスオーバーがアツすぎる!

快進撃と発展がやまないドラマDCユニバース、通称ARROWバース。『スーパーガール』にはついに全世界の視聴者が待望したスーパーマンが参戦し、テレビの中にコミックの世界観に基づくアースを構築していく偉業を続けています。そして誰もが夢見た全DCドラマ作品キャラが参戦するクロスオーバーエピソードが始まります。その名も『INVASION』。邪悪な異星人ドミネイターの侵攻に対してスーパーガール、グリーンアロー、フラッシュ、アトム、ファイアストーム、ヴァイヴ、スピーディ、ホワイトキャナリー、ヒートウェーブ、シティズンスティール、ヴィクセンというオールスター参戦となっています。

http://cdn1-www.comingsoon.net/assets/uploads/gallery/arrow-one-hundred/ew-000242564.jpg

これだけでも大変な躍進ですがもう一つ気になるのがこの『INVASION』というDC実写史において非常に重要な意味を持つイベントの原作がキース・ギフェンということです。彼はアホとボンクラのやり取りを描かせればコミック界でも一、ニを争う凄腕の鬼才で知られていますが同時に映画化が決まったダン・ジャーゲンスが生み出したキャラクターのブースターゴールドを育てもしています。ドラマではこれまでも製作に関わってきたジェフ・ジョーンズが手がけた話や設定が多く取り入れられており、マルチバースの設定がジェフ・ジョーンズも好んで引用する世界有数の魔術師グラント・モリソンの提唱する法則と一致してもいます。

つまりこれはダン・ジャーゲンが生み出し、キース・ギフェンが多くの名エピソードを生み出した名ヒーロー『ブースターゴールド』が本当にドラマDC世界の話になるということが真実味を帯び始めたということになります。突拍子もない話のようでもありますが、『フラッシュ』にて愛されキャラとなったシスコ・ラモンことヴァイヴはジェフ・ジョーンズが兼ねてより復権を温めていたキャラクター。そしてキース・ギフェンがジェフ・ジョーンズのように脚本として製作に関わり、彼の描くボンクラ話がDCのドラマにて再現されるとなれば……筆舌に尽くしがたい衝撃を齎すことでしょう。

『タイバニ』の元ネタ?DC映像作品参戦間近『未来から来たバカ』ブースターゴールドに迫る!

参考url:http://www.cbr.com/legends-of-tomorrow-synopsis-teases-invasion-crossovers-big-finale/

 

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。