Menu
(0)

Search

マーベル極秘『アベンジャーズ』第4作のタイトルがさっそく流出?『インフィニティ・ウォー』ひとつの仮説

アベンジャーズ4

連日『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』の記事が続いており恐縮だが、本日も新たな話題が入ってきた。とはいえ今回は、『インフィニティ・ウォー』に続くシリーズ第4作『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』の話題である。未だに明らかになっていなかった同作のタイトルが、うっかり流出してしまったかもしれない。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『アンタイトルド・アベンジャーズ』の正式タイトルをできるだけ伏せておきたいという意向を明らかにしたばかり。これを受けて、ファンは同作のタイトルが『インフィニティ・ウォー』のネタバレだからだ、いやユニバース全体を左右するタイトルだからだ……など、さまざまな憶測を続けていたところだった。

【注意】

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アンタイトルド・アベンジャーズ』のネタバレになりうる内容が含まれています。

—–

—-

ガモーラ役ゾーイ・サルダナ、うっかり発言?

『アンタイトルド・アベンジャーズ』のタイトル流出が疑われたのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のプロモーションでの出来事だ。同作でガモーラ役を演じているゾーイ・サルダナが、BBCの取材に対して『アベンジャーズ』第3作・第4作についてこう述べたのだ。

「ガーディアンズの『インフィニティ・ウォー』での出番は撮り終えていて、私たちは今年のうちに“ガントレット”に戻らなきゃいけないんです。」

取材者のリゾ・ムジンバ氏は、サルダナの発言から『アンタイトルド・アベンジャーズ』の正式タイトルが『アベンジャーズ/インフィニティ・ガントレット』だと推測している。サルダナはタイトルをはっきりとは述べていないが、おそらくタイトルに“ガントレット”が含まれる可能性は非常に高いだろう。

しかし正式タイトルが『インフィニティ・ガントレット』だとすれば、なぜマーベル・スタジオはこのタイトルを伏せたがったのだろうか?

“ガントレット”が意味するもの

コミックファンの多くが知るように、『インフィニティ・ガントレット』とはコミックのタイトルである。コミック『インフィニティ・ガントレット』は、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の原案となっているといわれており、そのタイトルが映画にそのまま使われていることは何の変哲もないことだ。以前噂になっていた『インフィニティ・ウォー』のあらすじも『インフィニティ・ガントレット』のストーリーが下敷きとなっていた。

しかしマーベル・スタジオがこのタイトルを“ネタバレ”として捉えていたとすれば、おのずと一つの仮説が立つことになる。

そもそも「インフィニティ・ガントレット」とはサノスの装備であり、宇宙に散らばった6つのインフィニティ・ストーンを装着することによって恐るべき脅威となる武器だ。したがってサノスは、6つのストーンをなんとか自分の手元に集めてこなければならない。シリーズ第4作のタイトルが『インフィニティ・ガントレット』だとすれば、サノスは4作目(あるいは3作目のラスト)でインフィニティ・ガントレットを起動させることになる。『インフィニティ・ウォー』はサノスの計画を察知したマーベルヒーローが奮戦するストーリーで、しかしヒーローたちの健闘もむなしく、サノスはインフィニティ・ガントレットを起動させるという展開なのか……。

もっとも、サルダナによる「ガントレット」という言葉が本当に4作目のタイトルなのかどうかは定かではない。マーベル・スタジオやサルダナ本人が今回の発言に再び触れることはないだろうし、ファンにとっては“新たな燃料”が与えられたにすぎないと考えるべきだろうか。

ひとまず確かなのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが『インフィニティ・ウォー』だけでなく第4作にも登場するということだ。タイトルのことはさておき、ひとまず朗報である。

Source: http://www.cbr.com/avengers-4-title-infinity-gauntlet/
Eyecatch Image: ©THE RIVER オリジナル制作

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly