Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ4』タイトル、正解に一番近いのは「フォーエバー」 ― 的中の予想はなし、新ヒント続々

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ監督が、来たる『アベンジャーズ』第4作の正式タイトルについて新たなヒントを提示した。

ComicBook.comのインタビューによれば、これまでルッソ監督が見てきた“タイトル予想”の中に正解を言い当てたものはないという。第“4”作であることと引っ掛けた、同名コミックの存在する「アベンジャーズ/フォーエバー」や、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のセリフから推測された「アベンジャーズ/エンドゲーム」などが代表的な説だったが、どちらもハズレということか……。

ただしルッソ監督は、予想の中で一番正解に近いのは「アベンジャーズ/フォーエバー」だと述べている。ジョー監督は「正解は『アベンジャーズ/だいたいフォーエバー』です」などとジョークで応答しているが、“一番近い”とは一体どういう意味なのだろうか?
ちなみにコミック『アベンジャーズ・フォーエバー』については、第4作のストーリーに関連しているのではないかとする興味深い説も存在する。気になった方はこちらの記事でぜひお確かめいただきたい。

一方で「アベンジャーズ/エンドゲーム」については、ルッソ監督から明らかに間違いであるという根拠が示されている。米UPROXXの取材で「第4作のタイトルは『インフィニティ・ウォー』本編で発言されていますか?」と問われたジョー監督は「ノー」と端的に答えたのだ。なお同インタビューでは、アンソニー監督の口からタイトルにまつわる別のヒントも示されている。

マーベル・シネマティック・ユニバースを通して描かれてきた物語にきちんと基づいたものですよ。(ストーリーに)非常に忠実なんです。」

以前、ルッソ監督は米Bustle誌のインタビューで、第4作のタイトルは「物語の核を語るもの」だとも述べていた。過去10年間にわたって描かれてきた物語を総括するにふさわしい副題になっているということだろう。

ちなみに『アベンジャーズ』第4作の正式タイトルについては、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によって『インフィニティ・ガントレット』ではないことが明言されている。ただし社長は「(タイトルの件は)手に負えなくなってしまいましたね。もはや“どんなタイトルなんだろう”という期待に応えられる気がしていません」とも述べており、発表を引き伸ばしたことへの不安を隠していない状況だ。お願いルッソ監督、これ以上社長にプレッシャーを与えるのはやめてあげて……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)米国公開予定だ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: ComicBook.com, UPROXX, Bustle

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly