Menu
(0)

Search

MCU初VR作品『アベンジャーズ/ダメージ・コントロール』米国新予告編、ウルトロン復活&スパイダーマン参戦 ─ アントマン&ワスプ、ドクター・ストレンジも

https://www.youtube.com/watch?v=pWi-Qtw5RBU

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のVR作品『アベンジャーズ/ダメージ・コントロール(原題:Avengers: Damage Control)』の米国版新予告編が公開された。本作は、2019年10月18日(現地時間)より北米のVRアミューズメント施設「The VOID」にてサービス開始となる。


『アベンジャーズ/ダメージ・コントロール』では、プレイヤーがワカンダの出張施設を訪れ、ティ・チャラ/ブラックパンサーの妹シュリがワカンダとスターク・インダストリーズの最新技術を融合させて開発したエマージェンシー・レスポンス・スーツを着用することになる。そんな中、ドクター・ストレンジは危機を察知していた。「恐ろしい脅威が甦りつつある。力を取り戻すのを今までひそかに待っていたんだ」。姿を見せるのは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)以来の登場となるウルトロンだ。

「君たちが新人?」。今回の予告編ではスパイダーマンのほか、ブラックパンサーやハルク、ファルコン、ウォーマシン、そしてアントマン&ワスプが登場。プレイヤーはおなじみのヒーローとともに、MCU作品に登場した舞台をめぐりながら戦いに加わることになるという。予告編の最後には、ワスプが「ドクター・ストレンジがあなたを援護するようにって」と登場。アントマンは「デートしてたらさ、魔法使いが光る輪っかで割り込んできてさ」。ところがワスプは「ポップコーンを食べながら『ゴールデン・ガールズ』の再放送を見るのはデートじゃない。デートって言わないで」。

マーベル・スタジオは、本作にシュリ役のレティーシャ・ライト、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチ、アントマン役のポール・ラッド、ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーが声優として出演することを発表済み。今回の予告編では、カンバーバッチ、ラッド、リリーの演技を確認することができる。なお、映画と同じくスパイダーマン役をトム・ホランド、ウルトロン役をジェイムズ・スペイダーが演じているかどうかは公式に発表されていない。スパイディの声、トムホの演技のように聞こえはするけれども…!

VR作品『アベンジャーズ/ダメージ・コントロール(原題:Avengers: Damage Control)』は、2019年10月18日(現地時間)より北米のVRアミューズメント施設「The VOID」にてサービス開始。詳細は公式サイトをチェック!

あわせて読みたい

Sources: Marvel, EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly