Menu
(0)

Search

ペッパー・ポッツ役グウィネス・パルトロウ、『アベンジャーズ4』重要ポイントに言及?『インフィニティ・ウォー』公式書籍にて

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『アイアンマン』シリーズなどのマーベル・シネマティック・ユニバース作品において、トニー・スターク/アイアンマンの元秘書であるペッパー・ポッツは今やトニーにとって公私ともに欠かせない存在だ。
重要なキャラクターでありながら、しばらくスクリーンに姿を見せなかったペッパー役を演じてきたのはグウィネス・パルトロウ。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で久々のカムバックを果たし、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)にも登場した。

このたび米国で発売された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のガイドブックにて、グウィネスは続編『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の内容に関わる重大な発言を残している。ディズニー/マーベル・スタジオ監修の公式書籍なのだが、これは載せてしまってよかったのか……?

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレ、および『アベンジャーズ』第4作のネタバレと思われる内容が含まれています。このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アイアンマン3
『アイアンマン3』 (c)2013 Marvel

https://www.youtube.com/watch?v=ET87HGsLEOk

トニーとペッパーに「子どもがいる」?

注目の発言が掲載されたのは、2018年5月に米国で発売された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のガイドブック「Avengers: Infinity War The Official Movie Special」(TITAN刊)。出演者やスタッフのインタビュー、撮影風景の写真などが掲載されている一冊で、グウィネスのインタビューも1ページ掲載されている。

『アイアンマン』(2008)への出演を引き受けた際のエピソードやロバート・ダウニー・Jr.との共演などについて語られているこのインタビューにおいて、「ペッパーとトニーの関係は今どうなっていますか?」という問いかけに彼女はこう答えたのだった。

「ペッパーとトニーはすごく長い時間を一緒に過ごしてきました。最初、彼女は忠実なアシスタントだったわけですが、関係は進展して、10年後の今では結婚して子どもが一人いるわけです。最高の恋愛が発展していく中で、二人の関係性も進展してきたんですね。」

“子どもが一人いる”。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の冒頭、トニーは子どもが生まれる夢を見たことをペッパーに告げていた。トニーが妊娠を疑問に思った際、ペッパーは否定していたが、それはあの時点では真実だったのか、それとも……。
同作においてトニーとペッパーは、宇宙へ飛んでいくQシップの中でトニーが電話する場面を最後に言葉を交わしていない。通信の不調で電話は切れてしまったが、ペッパーは何かを言いかけていたようでもあった。ちなみにトニーが「子どもの名前にしよう」と話していた“モーガン”、すなわちモーガン・スタークはコミックにおいてトニーの従兄弟なのだが、このことは何らかの意味を持つのだろうか?

今回のグウィネスによる発言が間違いだとは考えづらい一方、ディズニー公式書籍であるガイドブックにこの発言が掲載されたことには謎が残る。「トニーとペッパーの間に子どもがいる」という展開が『アベンジャーズ』第4作で判明する内容だったとすれば、これは明らかにフライングだからだ。

これまでロバート・ダウニー・Jr.やアンソニー・ルッソ監督は、ペッパーの重要性についてたびたび言及している。たとえばロバートは「今でもペッパーがアイアンマンのストーリーの中心」だと断言し、再登場の理由は「すべてを賭けて戦う価値がある、そういうものを(物語に)加えたかった」ためだと述べた。またアンソニー監督は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』におけるトニーの状況をこう説明している。

「(今や)彼個人の生活が濃いものとなっている。ペッパーとの関係が高まりを見せ、[中略]自分自身の生活が充実し、かつてないほど大切なものになっています。興味深いのは、それがアイアンマンとしての生活の対比になっていること。アイアンマンとしての生活は、彼個人の生活を脅かすかもしれないわけです。」

こうした二人の発言、そしてどうやら今後明らかになるであろう子どもの存在から見えてくる今後の展開とはいかに……?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)米国公開予定

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source: Avengers: Infinity War The Official Movie Special

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly