Menu
(0)

Search

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編は製作費が「高すぎる」─ エミリー・ブラントが不安を吐露

エミリー・ブラント
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9357424094/

トム・クルーズ主演、SFアクションオール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)の続編企画について、ヒロインのリタ・ヴラタスキにふんしたエミリー・ブラントが再び口を開いた。もっとも、今回は決して朗報とは言えない内容だ。

米番組「The Howard Stern Show」に登場したエミリーは、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編について、「正直なところ、この映画の製作費は高すぎます。どうすればやれるのかわかりません」と不安を吐露している。前作は、200億円近くにも及ぶ製作費が注ぎ込まれた超大作。スター俳優ふたりの高額な出演費はもちろん、続編ともなればさらに規模感も上がり、前作を上回る製作費が必要となることは言うまでもないだろう。

なお肝心の脚本については2019年10月時点で、ダグ・リーマン監督が改稿済みのものを完成させていることが判明しており、2020年1月には脚本の打ち合わせが行われたことも確認されている。2020年12月には、「とっても期待できて、とっても出来が良いですよ」とエミリー。そして2021年1月には、リーマン監督が脚本はまだ改良を重ねている状況としながらも、それが「障壁にはならない」と話していた。

リーマン監督は脚本の有無というよりも、キャストのスケジュールが続編企画を前進させる鍵と考えている模様だ。つまり現状で解決しなければならない問題は、他作品で多忙を極めているエミリーやトム・クルーズのスケジュール、そして高額な製作費というわけである。果たしてこの問題をクリアして、続編が製作される日は来るのだろうか。

Source:The Howard Stern Show

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly