Menu
(0)

Search

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編は製作費が「高すぎる」─ エミリー・ブラントが不安を吐露

エミリー・ブラント
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9357424094/

トム・クルーズ主演、SFアクションオール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)の続編企画について、ヒロインのリタ・ヴラタスキにふんしたエミリー・ブラントが再び口を開いた。もっとも、今回は決して朗報とは言えない内容だ。

米番組「The Howard Stern Show」に登場したエミリーは、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編について、「正直なところ、この映画の製作費は高すぎます。どうすればやれるのかわかりません」と不安を吐露している。前作は、200億円近くにも及ぶ製作費が注ぎ込まれた超大作。スター俳優ふたりの高額な出演費はもちろん、続編ともなればさらに規模感も上がり、前作を上回る製作費が必要となることは言うまでもないだろう。

なお肝心の脚本については2019年10月時点で、ダグ・リーマン監督が改稿済みのものを完成させていることが判明しており、2020年1月には脚本の打ち合わせが行われたことも確認されている。2020年12月には、「とっても期待できて、とっても出来が良いですよ」とエミリー。そして2021年1月には、リーマン監督が脚本はまだ改良を重ねている状況としながらも、それが「障壁にはならない」と話していた。

リーマン監督は脚本の有無というよりも、キャストのスケジュールが続編企画を前進させる鍵と考えている模様だ。つまり現状で解決しなければならない問題は、他作品で多忙を極めているエミリーやトム・クルーズのスケジュール、そして高額な製作費というわけである。果たしてこの問題をクリアして、続編が製作される日は来るのだろうか。

Source:The Howard Stern Show

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly