Menu
(0)

Search

クエンティン・タランティーノ、『ゴジラ』映画化するアイデアあった

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ジャパンプレミア レッドカーペット
© THE RIVER

『パルプ・フィクション』(1994)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)などのクエンティン・タランティーノが、かつて日本の怪獣王・ゴジラを映画化するアイデアを温めていた……。これはハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)が製作されるよりも以前、2012年ごろに英GamesRadarがタランティーノ本人から聞き取っていたものである。

古今東西の映画を愛し、インスピレーションを自身の作品に反映させてきたタランティーノだが、これまでに怪獣映画を自ら手がけたことはない。しかし、“もしゴジラ映画を撮るとしたら”という構想はあったのだ。

「ゴジラは東京で、いつも怪獣たちと戦い、人類を何度も救っている。それが東京におけるゴジラの役割です。だから、ゴジラは神になるのではないか、と思います。(もしも自分が作るなら)『ゴジラが支配する世界で(Living Under The Rule Of Godzilla)』ですね。とんでもない巨大トカゲが支配する世界で、社会はどうなっているのかを描くんです。」

このアイデアは、のちに『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)でマイケル・ドハティが描いたものに近いといえるだろう。ドハティは怪獣を神として扱い、神話を思わせる巨大なスケールと美しさで、自分の夢想してきたゴジラ映画を撮ったのだ。むろん、タランティーノが撮ったなら、おそらく同作とはまるで異なるテイストになったのだろうけれど。

なお、怪獣映画のファンでもあるタランティーノは、過去に『キル・ビル Vol.2』(2004)でザ・ブライド(ユマ・サーマン)とエル・ドライバー(ダリル・ハンナ)の対決を描いた際、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1996)を元ネタにしていた。ギャレス・エドワーズ監督による『GODZILLA ゴジラ』を観た時には、ジュリエット・ビノシュ演じるサンドラ・ブロディのシーンで泣いてしまったというエピソードもある。ジュリエットのもとに、タランティーノから「3Dのブロックバスター映画で泣いたのは初めてだ」という連絡があったというのだ。

ちなみにタランティーノは、以前から長編映画10作目をもって映画監督業を引退する意向を示していた。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が9作目だったため、残りはあと1本ということになる。現時点で次回作はいまだ発表されていないため、最後にタランティーノが怪獣映画を撮る可能性もまだ残されているかもしれない…?

Source: GamesRadar, IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly