Menu
(0)

Search

『デッドプール』ヴァネッサ役女優、『007』女性版ジェームズ・ボンド役に熱意 ─ 「次は私」

デッドプール
(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

長らく白人男性によって演じられてきた伝説的スパイ、ジェームズ・ボンド。2019年11月全米公開予定の最新作をもってダニエル・クレイグが契約満了を迎え、次作以降のボンド役の座が空席となっている。次期ボンドについては『007』シリーズのプロデューサーが「どんなことも起こり得る」と発言しており、黒人や女性のボンドが誕生する可能性示唆されていた。

そんな中『デッドプール』シリーズのヒロイン、ヴァネッサ役で知られるモリーナ・バッカリンは早速ボンド役を狙っているようだ。

デッドプール
(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ブラジルのメディアCinepopによる最新インタビューをScreen Rantが英語で紹介したところによれば、バッカリンは受身の役ではなく、自分自身がアクション映画のヒーローを演じたいのだという。さらにジェームズ・ボンド役については「私になると思う」と発言し、「もちろん、次(のボンド)は絶対私。トレーニングしてるんです」と意欲充分だ。

バッカリンはこれまで『セレニティー』(2005)『SPY/スパイ』(2015)といったアクション映画に出演しているほか、TVアニメシリーズ「ジャスティス・リーグ」(2005-2006)ではDCの人気ヒーロー、ブラックキャナリー役で声の出演を果たしている。着々とキャリアを積み重ねているバッカリン、もし女性版『007』が製作されることになれば、製作陣からお呼びがかかる可能性も高いかも……?

なお次期ジェームズ・ボンドについて『ダークタワー』(2018)『マイティ・ソー』シリーズなどで知られるイドリス・エルバは「女性や黒人でもいいのではないか」と発言。ダニエル・クレイグの妻レイチェル・ワイズは「女性には独自のストーリーがあるべき。ボンドは男性キャラクターとして描かれたもの」と述べるなど、様々な意見が見られていた。

モリーナ・バッカリンの出演最新作『デッドプール2』は、2018年6月1日より全国ロードショー。

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Source: Screen Rant, Cinepop

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly