Menu
(0)

Search

2003年版『ハルク』主演のエリック・バナ、再演に興味なし「私にとっては1回限り」

エリック・バナ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/13926618826/

アン・リー監督の『ハルク』(2003)でタイトルロールに抜擢されたエリック・バナ。同作から間を置かずして、バナが演じたハルク役は、マーベル・スタジオが始動したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『インクレディブル・ハルク』(2008)でエドワード・ノートンに引き継がれ、その後はノートンに代わってマーク・ラファロが演じてきた。

当時から約18年。自身初のハリウッド主演作ということもあり、特別な思いもあるであろうハルク役について、バナは再演の意思を持っているのだろうか。このたび米YouTube番組に出演したバナが、歴代スパイダーマンが集結する、いわば「実写版スパイダーバース」の実現が囁かれているMCU版『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』への興味を訊かれた上で、ハルク再演の可能性について言及。次のように明かしている。

「ないですね。あの映画を撮ったときは、マーベル・ユニバース以前のようなものでした。あの世界は実際には存在していなかったということです。私にとっては1回限りの映画でした。映画を作ると続編が作られるような世界は、あの時には存在していなかった。なので、端的に答えはノーです。再演するものだとは思っていませんでしたし、今になってもそういったことは考えられませんね。

バナは、米ポッドキャストWTF with Marc Maron Podcastとのインタビューでも、ハルク役について言及している。映画『ハルク』の契約時を振り返り、「即答ではなかったです」と記憶を呼び起こすバナは「頭を整理するのに時間がかかりました。契約時は脚本も読んでませんでしたから」と、役を引き受けることに慎重だった模様。「この作品は、そうした(脚本を読んでいない)ケースだった作品のひとつでしたし、私がやってみたいと思っていたタイプの映画ではありませんでした」。こうした俳優としての適性を振り返った上で、「だからこそ、同じような領域に手を出さないんです」と話している。

ちなみに、バナが考えるぴったりなハルク役は、2012年の『アベンジャーズ』から演じ続けているマーク・ラファロなのだそう。「彼のは上手くいきましたよね」と語っている。

あわせて読みたい

Source: Jake’s Take,WTF with Marc Maron Podcast

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly