Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバースは『アベンジャーズ』更なる新作、そして新シリーズへ ─ 米ディズニーCEOが未来を示唆

Photo by Chris Jackson https://www.flickr.com/photos/cmjcool/8633318298/

ひとたびマーベル・スタジオ作品アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)を鑑賞すれば、少なくとも2019年までの非常に強力な「楽しみな予定」が得られたことだろう。『インフィニティ・ウォー』は、その物語の着地点を2019年4月26日(金)全米公開予定の『アベンジャーズ』映画第4作(正式タイトル不明)に渡しているのである。

この『アベンジャーズ』第4作目をもって、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)はひとつの大きな区切りを迎えるとされる。『インフィニティ・ウォー』監督のアンソニー・ルッソは以前、英Yahoo!MOVIESの取材に対し「マーベルが10年間にわたる本を書いてきたのだとすれば、(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ4』は)その結末。(これからは)新しい本が書かれていくことになります」とも語っているのだ。

今後のMCUからは、2019年に『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編が、2020年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』、以降『アントマン』シリーズの第3作や『ドクター・ストレンジ』(2016)『ブラックパンサー』(2018)『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』の続編もそれぞれ予定されている。しかし我々は、ここで重要な見落としに気付かなければならない。…『アベンジャーズ』の新作はもう製作されないのだろうか?

『アベンジャーズ』は終わらない

どのような形になるかは全くわからないものの、ひとまずは胸を撫で下ろして良いようだ。米ウォルト・ディズニーのCEOボブ・イーガーは、投資家向けの収支報告にて『アベンジャーズ』を始めとするMCUの将来について示唆した。The Hollywood Reporterが伝えている。

「マーベルのチームの皆さんと定期的にお会いしながら、マーベル映画の今後10年の構想を練りました。『アベンジャーズ』後の新たなフランチャイズに挑む所存です。だからといって、この先『アベンジャーズ』をやらない、というわけではありませんよ。それについては、まだ発表していませんからね。」

『アベンジャーズ』シリーズは映画ビジネスを書き換えるほどの超成功作となっており、2012年の(『アベンジャーズ』としての)第一作は全世界興行収入およそ15億ドルで歴代史上6位、続く『エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)もおよそ14億ドルの大ヒット。『インフィニティ・ウォー』では米国・全世界のオープニング興行収入で歴代最高記録を樹立し、公開後7日間で全世界興収8億ドルを突破、史上最短となる僅か11日間で世界興収10億ドルの大台に到達した。飛ぶ鳥…、飛ぶチタウリを落とす勢いである。

ビリオン級のヒットが確実に見込めるシリーズを、米ディズニーとて取りやめたくはないだろう。ボブ・イーガー氏も、「キャラクターやシリーズの人気ぶりを見ても、『アベンジャーズ』の新作映画がもう出ないとは考えにくいでしょう」と認める。

ところが、ファンは思わず息を呑んでしまう。同氏はこの機会にて、次回の『アベンジャーズ』第4作は2008年の『アイアンマン』より始まったMCUに「重大な結論をもたらす」とも言い表しているのだ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督も異口同音。以前には、「ある長い物語が終わり、別の物語が始まる。新しいストーリーを始める作品のひとつが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ですよ」語っていた

そして、MCUからは新生の足音が聴こえてくる。冒頭のアンソニー・ルッソ監督は「新しい本が書かれていく」、ガン監督は「別の物語が始まる」、イーガー氏は「『アベンジャーズ』後の新たなフランチャイズ」と口を揃えているのだ。果たして、新たな伝説を牽引するヒーローとは一体…?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。まずは、MCUの重大な転換期に立ち会える喜びを噛み締めたい。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly