Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース、フェイズ4で「劇的な変化」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督が示唆

Photo by Chris Jackson https://www.flickr.com/photos/cmjcool/8633318298/

2008年『アイアンマン』で始まったマーベル・シネマティック・ユニバースは、2019年公開『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』をもって大きな区切りを迎える。過去10年間繰り広げられてきた物語はフィナーレに到達し、『アベンジャーズ』第1作(2012)に登場したおなじみのヒーローを演じる俳優陣の出演契約は一旦満了。その後、どれだけのヒーローがユニバースに残るのか、観客はまだ誰も知らない。
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)から幕を開けたマーベル・シネマティック・ユニバースの「フェイズ3」は同作で終了し、その後は未知の「フェイズ4」へと突入するのである。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『アベンジャーズ』第4作のメガホンを取るアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、マーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ4について一つの示唆を残している。

Yahoo!MOVIESの取材に応じたアンソニー監督は、フェイズ3とフェイズ4には「非常に劇的な」違いがあると発言。ジョー監督は、これまで彼自身がたびたび用いてきた比喩を使って、新章開幕の可能性を語ったのだ。

「(これまでとは)大きく違うものになると思います。マーベルが10年間にわたる本を書いてきたのだとすれば、(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ4』は)その結末。(これからは)新しい本が書かれていくことになります。それがどんな内容になるのかは誰にもわかりませんが、この映画は終わりであり、また新たな始まりとなるでしょうね。」

一方でフェイズ4には、フェイズ3までに活躍したヒーローたちも引き続き登場することがわかっている。
2019年公開、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編は『アベンジャーズ』第4作の「数分後から始まる」物語だとされているほか、2020年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』も公開予定。『アントマン』シリーズの第3作や『ドクター・ストレンジ』(2016)『ブラックパンサー』(2018)『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』の続編もそれぞれ製作されることになるはずだ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけるジェームズ・ガン監督は、以前フェイズ3とフェイズ4について「ある長い物語が終わり、別の物語が始まる。新しいストーリーを始める作品のひとつが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ですよ」語っていた。やはり、比較的新しい顔ぶれがユニバースを牽引しつつ、さらなるヒーローを交えながら、全体として新たな物語へ踏み込んでいくことになるのだろうか……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)米国公開だ。約1年にわたって展開される10年間の“フィナーレ”が、まもなく観客の前に姿を現すことになる。

Source: Yahoo!
Eyecatch Image: Photo by Chris Jackson

 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly