2018年マーベル映画『ブラックパンサー』は「ゴッドファーザー&007」!キャラクターと物語に最新写真と証言で迫る

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『ブラックパンサー(原題:Black Panther)』より、最新の場面写真&プロモーション写真やキャスト・スタッフのインタビューが米国エンターテインメント・ウィークリー誌にて公開された。

本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に登場したティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)を主人公とした、彼の故郷ワカンダが舞台の物語。監督は『クリード チャンプを継ぐ男』の(2015)のライアン・クーグラーが務め、ヴィランのエリック・キルモンガー役には同作に主演したマイケル・B・ジョーダンが起用されている。


今回公開された写真のうち、目玉は国王ティ・チャラの一族と関連の人物たちが一堂に会した一枚だろう。
エグゼクティブ・プロデューサーのネイト・ムーア氏が「ジェームズ・ボンドと『ゴッドファーザー』の交差点」「国際スパイの世界、その中心に劇的なファミリー・ドラマがある」と語る本作の魅力、その濃密な人間ドラマを数々の写真と証言から予測していきたい。

王家とその守護者たち

『ブラックパンサー』のストーリーは、スパイダーマンの単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日公開)と同じく、初登場となった『シビル・ウォー』から直接繋がっているという。『シビル・ウォー』でティ・チャラは、父親であり先王のティ・チャカを殺されたのだ。主演のボーズマンは、本作がティ・チャラの「喪の作業」を描くものだと語っている。

「なぜ父が殺されたのか、自分は何をするべきだったのか。すべては、いかに彼が(ワカンダを)治めるかということに繋がっているんだ」

そう、ティ・チャラ/ブラックパンサーは何をおいても一国の王なのである。クーグラー監督は、ヒーロー映画の主人公としてのブラックパンサーについてこう言及している。

「ほかのスーパーヒーローと違うところは、何よりもまず、彼が自分のことをスーパーヒーローとは思っていないことなんだ。ティ・チャラは、自分は政治家なんだと考えている。彼が朝目覚めた時、まず考えるのは“この場所の王として、どうやって務めを果たすのか?”ということなのさ。
彼は国内にいる部族の和を保たなければならない。それはすなわち、つねに大きな期待を自分に寄せてもらうこと、また人に嫌われることをするってことだよ。同時に、彼は国民の守護者でもあるんだ」

むろん、政治家としてもヒーローとしてもティ・チャラは未熟だ。スパイダーマンと同様、彼もまた“新人ヒーロー”であり“新人国王”なのである。そんな彼を強力にバックアップするのが、上記の写真に映っている王家の人々、そして親衛隊「ドーラ・ミラージュ」のメンバーだ。

それでは上記の“集合写真”より、順番に確認していこう。いずれも先日公開された予告編に登場しているキャラクターなので、こちらの記事をもあわせてご参照いただきたい。

母にして女王、ラモンダ

集合写真でティ・チャラ/ブラックパンサーに寄り添っているのが、彼の母親でありティ・チャカの妻であったラモンダだ。演じるのは、『マルコムX』(1992)『ノトーリアス・B.I.G.』(2009)など社会派の実話映画からハリウッドの大作アクションまで幅広く出演するアンジェラ・バセットである。

ボーズマンはラモンダというキャラクターについて「ティ・チャラが求めるアドバイザーの一人」だという。「父なら何を求めたか、何をしていたかという問いの答えを、ティ・チャラは彼女に求めなければならない。彼女は常に正しくはないかもしれないけど、洞察力は確かにあるんだよ。彼女は女王であり母だから、ティ・チャラのためだけではなく、みんなのことを考えているんだ」

ティ・チャラの元恋人、ナキア

ティ・チャラの左上に映っているのが、彼の元恋人であり親衛隊「ドーラ・ミラージュ」のメンバーであるナキアだ。『それでも夜は明ける』(2013)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴが演じている。

撮影現場で「リング・ブレード」と呼ばれていたというユニークな武器を操るナキアは、実はコミックから大きく設定の変更された人物なのだそうだ。演じるニョンゴは自身の役柄について、

「ナキアは軍用犬みたいなものよ。基本的にワカンダの秘密スパイだから、世界へ出て行って、何が起こっているかを報告することが仕事なの。
彼女は自分の使命への情熱か、王に対する情熱か、どちらを選ぶのかを迫られることになる」

と語っている。まさに『007』シリーズのボンド・ガールのような立ち位置だ……。

親衛隊のリーダー、オコイエ

女王ラモンダの右側に映っている、長い槍のような武器を持っている人物が親衛隊「ドーラ・ミラージュ」のリーダーであるオコイエだ。演じるのはドラマ『ウォーキング・デッド』のダナイ・グリラ

『ブラックパンサー』で親衛隊「ドーラ・ミラージュ」は、国王だけでなくワカンダ全体を守る存在として活躍するという。つまりオコイエは、そんな圧倒的に強い女性たちを牽引する存在なのだ。彼女は『シビル・ウォー』でティ・チャカ先王が殺されたことに強い責任を感じているのだという。しかしグリラによると「真面目だけど意外なユーモアセンスがある」キャラクターなのだそう。もしや『ドクター・ストレンジ』に登場したウォンのような立ち位置なのか……。

「ドーラ・ミラージュ」より、左からオコイエ、ナキア、『シビル・ウォー』にも登場したアヨー(フローレンス・カサンバ)。

ティ・チャラの妹、シュリ

オコイエの右下に座っているのはティ・チャラの妹で天才的な科学者・シュリだ。ワカンダで採取される強力な素材「ヴィブラニウム」(キャプテン・アメリカの盾にも使われている)を熟知しており、ワカンダの設計チームを指揮することでその開発に携わっている。両腕の武器は予告編にも登場していたが、どうみても強力な代物ではないか……。

演じるのは、本作のほかスティーブン・スピルバーグの新作『レディ・プレイヤー・ワン(原題:Ready Player One)』にも出演している期待の新鋭レティーシャ・ライト

頼れる親友、W’Kabi

ティ・チャラの左側に立っているのは、彼の親友にしてワカンダを守る重要な存在であるW’Kabi(W・カビ)だ。演じるのは、米国で非常に高い評価を受けたホラー映画『ゲット・アウト(原題:Get Out)』でブレイクしたダニエル・カルーヤである。

エグゼクティブ・プロデューサーのネイト・ムーア氏によると、W’Kabiはアフリカの小国にすぎないと思われているワカンダの国境近くに暮らし、その軍事力や科学といった秘密を守る“最前線”にいる人物なのだという。また彼は、同時にティ・チャラにも強く求められる人材のようだ。

「王座へと近づくにつれ、ティ・チャラはW’Kabiにアドバイザーとしての役割を求めるようになる。彼の知識と直感を信じているんだよ」

王を導くシャーマン、ズリ

W’Kabiの左側に立っているのが、先王ティ・チャカの時代から王を導いてきたシャーマンであるズリだ。若き国王であるティ・チャラの相談役としても活躍するようだが、劇中でどんな役割になるのかは明かされていない。なおクーグラー監督は「ズリは宗教的な、スピリチュアルな人物なんだ」と語っている。

演じるのは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や最新作『メッセージ』のほか、『ラストキング・オブ・スコットランド』(2006)でオスカーを獲得するなど、人気・実力ともに申し分ない重鎮フォレスト・ウィテカーだ。ミステリアスな役どころにこのキャスティング、どう見ても“何かありそう”だが……。

ヴィランと協力者

本作『ブラックパンサー』に主なヴィランとして登場するのは、冒頭に述べたエリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)と『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)に登場したユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)だ。キルモンガーは“集合写真”にもナキアの左側に映っている。

ネイト・ムーア氏によると、キルモンガーは「ワカンダのあり方に意見を持ち、ティ・チャラのやり方に賛同しない」人物なのだという。ワカンダでは国王への反対勢力を代表する存在となるわけだが、そんな“敵対者”について、ティ・チャラを演じるボーズマンはこう語っている。

「キルモンガーというキャラクターには共感できるよ。良いキャラクターだと思うね。彼は(ティ・チャラとは)明らかに異なる視点を持っているんだ。彼らは真逆なんだよ」

ところがキルモンガーは、ヴィブラニウムを求める武器商人であるクロウと結託してしまうのだ。ボーズマンは「クロウこそ真のヴィランだ」と断言している……。
予告編には、『シビル・ウォー』に登場したCIAエージェントのエヴェレット・K・ロス(マーティン・フリーマン)がクロウを取り調べる場面がある。エンターテインメント・ウィークリー誌によると、韓国にある地下カジノの場面ではクロウとロスが対面し、ティ・チャラや「ドーラ・ミラージュ」の面々も加わっての一大アクション・シーンが繰り広げられるようだ。


マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、おそらくマーベル・シネマティック・ユニバースの新境地となるであろう『ブラックパンサー』に強い自信をにじませる。

「この映画で見せるものに心の準備ができている人はいないと思う。ブラックパンサーだけでなくドーラ・ミラージュ、キルモンガー、さらにワカンダ全体のデザイン。アフリカの伝統にインスパイアされた要素があれば、ヴィブラニウムのような科学的要素もあるんだ。こんな形で要素をブレンドした映画は過去になかったと思うよ」

なおエンターテインメント・ウィークリー誌は『ブラックパンサー』の劇中写真を新たに20枚公開している。本記事で紹介できなかった写真も含めて、そのすべては同誌のウェブサイトをご確認いただきたい。

映画『ブラックパンサー』は2018年2月16日に米国公開予定。日本公開はいつになるのだろうか……?

 

Sources: http://ew.com/movies/2017/07/12/black-panther-godfather-007-wakanda-royal-portrait/
http://ew.com/movies/black-panther-new-images-marvel/black-panther
http://ew.com/movies/2017/07/12/black-panther-chadwick-boseman-interview/
©MARVEL STUDIOS 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。