ケンドリック・ラマー『ブラックパンサー』アルバム、トラックリストとアートが公開に ─ 現行ヒップホップ・シーンのヒーロー大集結

ラッパーのケンドリック・ラマーが、自身がプロデュースを務めるマーベル映画『ブラックパンサー』サウンドトラックのトラックリストおよびジャケットアートを公開した。マーベル映画のサウンドトラックが外部の有名アーティストによって手がけられるのも初だが、このようにアーティスト側から最新アルバムとしてアナウンスされるケースも極めて稀だ。『ブラックパンサー』が、いかに音楽シーンをも巻き込んだセンセーショナルな作品であるかを物語っている。

オールブラックのジャケットに、ブラックパンサーのネックレス・デザインをあしらったばかりのシンプルさ、右下の『Parental Advisory』ロゴマークは、およそマーベル映画のサウンドトラックには見えぬ硬派な印象を放っている。

参加メンバーは、現時代の最新ヒップホップ・シーンを彩る気鋭揃い。ケンドリック・ラマー自身はもちろん、スクールボーイ・Q、2チェインズ、レイ・シュリマーのスワエ・リー、ビンス・ステープルズにジョルナ・スミス、SOB X RBE、アブ・ソウル、ジェイ・ソック、ジェイムス・ブレイク、さらにはトラヴィス・スコットやフィーチャー、ザ・ウィーク・エンドに至るまで…。もはやマーベル映画の音楽アルバムというより、最新のブラック・ミュージックのトレンドを一枚に収めたコンピレーション・アルバムとも言うべき顔ぶれである。豪華トラックリストは以下の通りだ。

『ブラックパンサー』サウンドトラック 楽曲リスト

  1.  “Black Panther” — Kendrick Lamar
  2.  “All the Stars” — Kendrick Lamar, SZA
  3.  “X” — ScHoolboy Q, 2 Chainz, Saudi
  4.  “The Ways” — Khalid, Swae Lee
  5.  “Opps” — Vince Staples, Yugen Blakrok
  6.  “I Am” — Jorja Smith
  7.  “Paramedic!” — SOB x RBE
  8.  “Bloody Waters” — Ab-Soul, Anderson .Paak, James Blake
  9.  “King’s Dead” — Jay Rock, Kendrick Lamar, Future, James Blake
  10.  “Redemption Interlude”
  11.  “Redemption” — Zacari, Babe’s Wodumo
  12.  “Seasons” — Mozzy, Sjava, Reason
  13.  “Big Shot” — Kendrick Lamar, Travis Scott
  14.  “Pray For Me” — The Weeknd, Kendrick Lamar

「ヒーロー映画云々」の懸念など置き去りにし、音楽シーンともマッシュアップしながら異色の洗練ぶりを見せる『ブラックパンサー』は、その作品自体も「文化的な事件」「史上最もアカデミー賞候補に近いマーベル・スタジオ作品」「ずば抜けて政治的なマーベル作品で、これがマーベル映画だということを思い出さなければいけないほど」と称されるマーベル映画史上最もストイックな作品。日本では2018年3月1日より全国ロードショー。

Source and Eyecatch:https://twitter.com/kendricklamar/status/958788331420069888/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。