Menu
(0)

Search

スカーレット・ヨハンソン、単独映画『ブラック・ウィドウ』出演料は女優史上最高額?『ワンダーウーマン』超え確信、2020年公開説浮上

©THE RIVER

女優スカーレット・ヨハンソンが、マーベル・シネマティック・ユニバースで演じているブラック・ウィドウの単独映画にて、ハリウッドの女優史上最高額のギャランティを受け取るという噂が浮上してきた。

Daily Mail誌によれば、ヨハンソンは『ブラック・ウィドウ(仮題)』で約2,500万ドルを受け取ることになるという。米ウォルト・ディズニー・カンパニーとマーベル・スタジオはヨハンソンとの契約を締結しており、また『ブラック・ウィドウ』の興行成績が9億ドルを超えた場合、さらに600万ドルが支払われることになるようだ。
これはハリウッドで活躍する女優のギャラとしては史上最高額で、“最も稼いでいる女優”エマ・ストーンが1年間に受け取るという2,600万ドルにも迫る数字なのである。

この背景には、これまでヨハンソンがマーベル・シネマティック・ユニバースに対して果たしてきた貢献度、そしてディズニー側の『ブラック・ウィドウ』への期待があるようだ。関係者によれば、ディズニーは『ブラック・ウィドウ』が2017年の大ヒット作品『ワンダーウーマン』を上回る記録を収めることを確信しているという。
なおヨハンソンのエージェントは、ディズニーに対して、彼女を本作のプロデューサーとしてもクレジットすることを交渉しているとのことである。

現在、単独映画『ブラック・ウィドウ』には気鋭の女流脚本家ジャック・スカエファーが起用されており、Daily Mail誌によれば、ヨハンソンとスカエファーは脚本のため「緊密に協力している」という。ただし米The Wrap誌の記者は「両者の面会は2018年2月」と伝えており、二つの情報には若干の齟齬があるといえるだろう。
したがって本情報を鵜呑みにすることはできないが、Daily Mail誌によれば『ブラック・ウィドウ』の脚本は「現在執筆中」であり、スタジオは本作を「2020年夏までに公開したい」と考えているようだ。2020年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』が米国にて公開される見込みとあって、もし実現すれば、これまた魅力的なラインナップが一年間に封切られることになる…!

映画『ブラック・ウィドウ(仮題)』の公開時期は未定。
次回登場作品となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Source: http://www.dailymail.co.uk/news/article-5284293/Scarlett-Johansson-25m-Black-Widow-film.html
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly