Menu
(0)

Search

スカーレット・ヨハンソン、『ブラック・ウィドウ』MCU最後の作品として挑む ─「今こそやるべきとき」

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ブラック・ウィドウ』は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)直後を舞台に、ブラック・ウィドウの過去や、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での決断に至る背景が描かれる。知られざる物語が前日譚を通して描かれるわけだが、どうやらスカーレット・ヨハンソンによるブラック・ウィドウを見られるのは、本作が最後となりそうだ

本作は、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフを主人公とする初めての単独映画。そんな本作に至るまで、数々のMCU作品でブラック・ウィドウにふんしてきたヨハンソンは、最後の出演作として本作に並々ならぬ思いを懸けていたようだ。そう語るのは、本作の監督を努めたケイト・ショートランドである。

The Gentlewomanの取材にて、ショートランドは、ヨハンソンが本作を通して、MCUの世界により深みを持たせようとしていたことを明かしている。「彼女は薄く表面的でないものに仕上げるよう努めていました。若者や女性にとって大きな意味をもたらすものにしたかったんです。これがブラック・ウィドウを演じる最後の作品になるかもしれないことも彼女は気付いていました」。

一方、ヨハンソンも同取材に出席しており、ブラック・ウィドウについて「彼女はいつも自分よりも大きな存在の一部でした。ただ、それが全てなくなってしまったんです」と説明している。またブラック・ウィドウを主人公とした作品を作ることには不安もあったとしながら、「今こそやるべき時でした」と後悔はしていなさそうだ。

なお『ブラック・ウィドウ』は、2021年7月9日に米国で劇場およびDisney+にて配信となる。ラストとなるヨハンソンふんするウィドウをこの目に焼き付けよう。

Source: The Gentlewoman

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly