Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』劇場公開の方針を継続中、1ヶ月ぶり続報

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画ブラック・ウィドウが、2021年4月29日(木・祝)の日本公開、5月7日の米国公開に向けて、劇場公開の方針を継続していることがわかった。コロナ禍で公開延期もささやかれる中、2021年2月11日(米国時間)以来、1ヶ月ぶりの続報となる。米Deadlineが報じた。

2021年3月9日(米国時間)、米ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・チャペックCEOは、投資家向けのカンファレンスにて「今後控えている映画のラインナップに期待しています。次は『ブラック・ウィドウ』で、現在は5月7日に劇場公開を迎える予定です」と発言した。むろん、コロナ禍のためにハリウッドは未曾有の事態に直面しており、いまだ公開を確実視できるわけではない。3月上旬には『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の米国公開が約1ヶ月延期されたばかりだ。

今回、チャペックCEOは「我々のファミリー・エンターテイメントの最も新しい成果に、誰もが触れられることを願っています」と発言。「これまでにも述べてきたように、パンデミックを乗り切る中では、消費者のみなさまに委ねること、どのように映画を楽しみたいかを決めていただくことが大切と考えています」と語り、複数の選択肢を用意する可能性にも言及している。

『ブラック・ウィドウ』については公開延期や配信リリースの噂が絶えず聞こえており、2月のカンファレンス後にも、米Varietyが「予定通りの公開は難しいだろう」との予測を発表した。ただし、同誌はスケジュールの判断に「3~4週間の余地がある」と報じていたが、すでにそのリミットは過ぎつつある。ちなみにDeadlineによると、業界では「『ブラック・ウィドウ』は一部劇場で公開され、その後Disney+で配信されるのではないか」との声もあるとのこと。もちろん、結論は今後の状況をうかがうほかない。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly