Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』単独映画、23歳新鋭女優フローレンス・プーが出演交渉中 ─ ロック様製作の映画で高評価

『アベンジャーズ』ブラック・ウィドウ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・コミック原作、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの単独映画(タイトル未定)から、新たな出演者の情報が伝えられている。

Varietyなどによると、このたびナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウに次ぐ「二人目の主要人物」として、1996年生まれの新鋭女優フローレンス・プー(フローレンス・ピュー)が出演交渉に入ったとのこと。本作のストーリーはいまだ謎に包まれているため、プーの役柄についても詳細は不明。しかしThe Hollywood Reporterのみ、「ナターシャと同じくスパイ役で、倫理観は逆の人物とみられる」と記している。

リーアム・ニーソン主演『トレイン・ミッション』(2018)や、クリス・パイン主演『アウトロー・キング スコットランドの英雄』(2018)など話題作への出演が続くプーは、ドウェイン・ジョンソン製作による最新作、女性レスラーの実話映画『Fighting with My Family(原題)』が米国などで高い評価を受けている。

『Fighting With My Family(原題)』予告編

Varietyによれば、マーベル・スタジオは2018年秋からプーを有力候補として検討していたが、2019年に入ってから視野を広げて女優との面会を行っていたとされる。スタジオ側は候補者の数人と面会したのち、『Fighting with My Family』の好評も受けて、プーの起用に改めて本腰を入れることとなったようだ。

なお、プーが出演している今後の公開作品には、シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、ティモシー・シャラメ、メリル・ストリープらと共演する『若草物語(邦題未定、原題:Little Women)』や、『ヘレディタリー/継承』(2018)アリ・アスター監督の新作『Midsommar(原題)』がある。今後のハリウッドを背負って立つ、スター女優へと成長を遂げることになりそうだ。

ブラック・ウィドウの単独映画で監督を務めるのは、『さよなら、アドルフ』(2012)『ベルリン・シンドローム』(2017)のケイト・ショートランド。脚本は『キャプテン・マーベル』(2018)にも参加したジャック・スカエファーが執筆し、『ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情』(2014)のネッド・ベンソンが改稿を担当しているという。撮影は2019年6月にも開始される見込みだが、スタジオからの正式発表はいまだなされていない。

あわせて読みたい

Sources: Variety, THR, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly