Menu
(0)

Search

『ブレイド』リブート版の監督が決定、『シュガーランドの亡霊たち』気鋭が就任認める ─「マーベルは思い切った動きをみせる」

マハーシャラ・アリ主演、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ブレイド(原題:Blade)』の監督に、バッサム・ターリクが交渉中と過去に伝えられていたが、どうやら契約は締結していたようだ。

本作の監督として就任したターリクは、パキスタン生まれの米監督で、ドキュメンタリー『シュガーランドの亡霊たち』(2019)や、リズ・アーメッド主演映画『Mogul Mowgli(原題)』で高く評価された気鋭。The Playlistにてターリクは、「正直に言うと、『ブレイド』が実現するとは思っていませんでした。光栄ですし、名誉なことでもあります」と喜びの声をあげている。

監督として就任した理由のひとつとしてターリクは、「この映画の脚本を担当している素晴らしい才能を持つ作家、ステイシー・オセイ・クフォーのためなんです」と説明。ドラマ「ウォッチメン」(2019)を成功に導いたことで知られる気鋭脚本家だ。「彼女はまさに驚異的な存在であり、彼女自身が持つ力を力を最大限に発揮できる人なんです」。そしてマハーシャラ・アリの名前も挙げながら、「とにかく彼らと一緒に仕事をしたいと思ったんです」と続けている。

ターリクは「マーベルは思い切った動きをみせるでしょう。それについては何も言えませんが、今取り掛かっていることにとても興奮しています」と説明した。具体的な内容は伏せながらも、キャラクターを第一に考えているとのことだ。

「キャラクターが僕にとってはとても重要なことです。ジャンルについてではなく、キャラクターについてを考えているんです。(マーベル・スタジオと仕事をすることは)みんなが想像しているような枠にはまらないんです。それがとても楽しみなことで。『ブレイド』にはカノン(正史)が存在しないと思うんですよ。コミックを読むと、常に変化していて……。(コミックシリーズは)残念ながらそれほど長くは続きませんでしたけど。」

なお『ブレイド』は、2022年7月より撮影が実施される見込みであることが判明済み。撮影時期から鑑みると、公開時期は2023年後半~2024年とみられる。

Source: The Playlist

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly