Menu
(0)

Search

マーベル『ブレイド』監督が降板 ─ 撮影開始直前、後任探しへ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)リブート版ブレイド(原題)』より、監督のバッサム・ターリクが降板したことが明らかになった。米The Hollywood Reporterが報じた。

2022年10月より撮影を開始する予定だった。土壇場での降板劇で、スタジオは後任探しに急ぐ。

マーベルはThe Hollywood Reporterを通じ、降板はスケジュール都合によるものと明らかにした。ターリクはエクゼクティブ・プロデューサーとして留まるとし、「バッサムの才能と、彼が現在までに『ブレイド』で行った全ての仕事に感謝します」とした。

ターリクからも「マーベルの素晴らしい皆さんと仕事ができて光栄でした。素晴らしいキャストとクルーを集めることができました。次の監督が作品をどう仕上げてくれるかが楽しみです」との声明が発表されている。

『ブレイド』は、1990〜2000年代にウェズリー・スナイプス主演で実写化された元祖マーベル映画をMCUで新たに描き直す注目企画。ブレイド役として主演には『ムーンライト』(2016)『グリーンブック』(2018)でアカデミー助演男優賞に二度輝いたマハーシャラ・アリ。『マルコムX』(1992)などスパイク・リー監督作品で知られるデルロイ・リンドー、DCドラマ「クリプトン」(2018‐2019)のアーロン・ピエールが出演する。

現時点までに2023年11月3日の米公開がアナウンスされていた。報道によると、同作はすでに脚本の改稿が複数回にわたって生じている。この度の降板による公開スケジュールへの影響は明らかになっていない。

マーベル・スタジオは、同じくリブート企画となる『ファンタスティック・フォー』からもジョン・ワッツ監督が降板した近例がある。この後任のマット・シャクマンが正式に告知されるまで、およそ4ヶ月を要している。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly